FC2ブログ


きゃーありがたや
最後が(さほど)遅れてない!さすがに仕様ではなかったか(笑)
練習でも好調そうでなによりでした。

ニックが「我々はシーズン後半に向けて良くなっていく」と言ってましたが
今季は確かにだんだん調子を上げていってくれてよかったと思います。
本人達が言うように国別が終わったらなるべく早くプログラムを作って、たくさん滑り込めるといいなぁ。
パイパーちゃん達がすでにもう新SDランスルー終わったと聞いてドッキドキでワックワクであります。
スポンサーサイト



ありがたやありがたや。

なんか皆歩き方おかしいよ大丈夫?
と思っていたら歩いていたのではなく滑っていたでござるの巻。



スモールメダルセレモニー用にちっこいリンク作ったのか!今知りました。
なんという洒落たことを…さすがフランス。
スケート靴履くの大変そうな気もしますが素敵すぎる。

みんなおめでとう!
質問コーナーもあるけどよく聞こえないよ!でも幸せだよ!みんな美しいよ!
2012
04
05

2012世界選手権アイスダンスFD感想その2

最終組は特に、キスクラ含めて全部を見ることをおすすめしたいです。
素晴らしい演技の連続で最高の流れでした。

第3Gバックステージでは、カーチャがクスタロワ先生にお化粧してもらっていました。
これでボブロワメイクが完成するのだ。

#11 ハベル/ドノヒュー(アメリカ)
のおおおおお!
一瞬練習着で出てきたかと思ったマディソンであります。
色っぽい赤衣装は変えてしまった模様。
まぁこれでも十分セクシーではあるんですが、
あの見えるか見えないかのラインが良かったのに…(特に最初のリフト)
それにしても良く滑るなぁ。そしてステップでも深いエッジを見せてくれました。
ツイズルは通常営業でマディが最後にひょろり。
途中のお腹ぽふぽふ踊りもかっこよかったです。
黒でちょっと地味になりましたがスリムに見えるのはいいかもしれない。
4大陸では明らかに体力不足できつそうだったザックが今日はいい演技でした。
マディソンはもっとできたのにーという顔でしたが
なにしろ今季組んだばかりなのに、初出場でSDもFDも素晴らしい演技をしてくれた二人。
来季も楽しみにしています。

#12 リャザノワ/トカチェンコ先輩
FDの日には「(お腹は)もう大丈夫だったよ」と言っていたトカチェンコ先輩。
あれ?衣装こんな色だったかしら。
今日も美しく悲しいプログラムの幕開けであります。
音楽に良くあった綺麗なスピンから開始。
最初のステップもレベル取れなかったけどすごく美しい。
ツイズルはここのところずっと安定していた二人ですが今回はちょっとズレた。
激しいリフトやステップで、単調な音楽にもハイライトができていて飽きません。
気がついたら終わっているプログラムナンバーワン。
最後のリフトは本当に美しく、スムーズでした。
激しくドラマティックな音楽でも盛り上がる曲でもないのですが、本当に引き込まれる美しさがあります。
お客さんも喜んでいるし。
リンクから上がる時のトカチェンコ先輩がかっこいい…。
そしてなぜかスローリプレイで回想モードアレンジにされるゴルシコフ先生もかっこいい…。

名称未設定 1

今回のワールドは珍しく全カテゴリほぼライブで見たんですが、こういうアレンジになっているのは
このプログラムだけだったと思います(普通の2分割とかはあったけど)特別仕様なのか?!
フランス名物の画伯に描いてみてほしかったなぁ。
キスクラではうさちゃんとトトロを膝にのっけて可愛らしいリャザノワ。
トトロかわいいいいいい!ひょっとして日本から来たのかしら。
ステップのレベルが取れなかったのがもったいないですが、本当に素晴らしいプログラム、良い演技でした。
来季からは素晴らしい振付師のペチュホフさんがチームにいません。
とりあえず4月にアメリカに行くと言っていましたが上手くいくといいなぁ…。

#13 アンナちゃんとラノッテ君
イタリアの女の子の可愛いところを凝縮したらきっとアンナちゃんになるのだ。
(どこかで分岐するとはベルトンちゃんになるのだ)
でこ出しラ・ストラーダは最初のアップからお客さんが虜になっていました。
ツイズルも落ち着いてオッケー。
ダイアゴナルは難しい音楽のところをステップにしたなぁと思ってたんですが
頑張りました。おまたリフトも軽々。
スピン綺麗だったんですがこの取りこぼしが実は大きかった。
チューなストレートラインリフトはさすがの安定感。
かわいいアンナちゃんが悲しそうな顔をする演技にこちらの胸も痛くなります。
最後のきしゃぽっぽの音に合わせた振付も本当に素敵。
可愛いだけじゃなくて、技術的にもしっかりとレベルを取ることが出来るプログラム。
ラノッテ君はキとザンパノ両方演じているはずなんですが彼も可愛い存在にしか見えなかった(笑)
私は確認してないのですがロシア2のコメントで来季の拠点変更の話(カントンへ)をしていたという
情報が某アーサーさんのところで出ていました。さて本当かどうか。
シーズン通して良い印象を残したFDで、大成功だったと思います。
SBも更新できてすばらしい。来季は100点を目指すのだ!

#14 カーチャ・ボブロワとパパン・ソロヴィエフ君
スカートを膝丈にした赤魔女であります。
それでもやはりパパンの頭には被る仕様。
このプログラムもすごく好きだったのでもう見納めかと思うとつらい。
ツイズルはぴったりではないですが全然おっけー!
くるりんぱから入る絶品カーブリフト、今回も美しいポジションが炸裂したんですが
これがレベル2になってしまったのがもったいなさすぎた。
SDもそうだったんですが、FDもカーチャのスケートはいつもならもうちょっと滑るかな、という気がします。
ダイアゴナルは明らかに置いていかれているところがありました。
でも色んな表情をするカーチャが本当に美しい。
最後の戦いパートはさすがにお疲れ気味に見えたんですが力を振り絞りました。
もうフィニッシュがちゃんとできるか気が気じゃなかった(笑)
でもやり遂げました!頑張ったよ!!
今季は新しいリフトもいくつも入れて、難しいテーマに挑戦して、ボリショイに勉強にいったり
いろんなことを取り入れたシーズンでした。
すごく難しいプログラムでしたが、ロシアらしい美しさのある素晴らしいプログラムだと思います。
相変わらず「衣装が防虫剤くさい」とかまた言われてたりするんですが
それがいいんじゃないか!と力説したいところであります。
こんな衣装他に誰が着こなせるというのか。

#15 シブタニズ
チェコ4の放送で見ると、全選手ミドルネーム(ファーザーネーム)まで入れてくれるので
はるみ、ひでお、が聞けて嬉しいのであります。
前に滑ったカーチャ達とプログラムのギャップがものすごい(笑)
今日もかわいい二人。
得意の超高速ツイズルは、最初から二人の回転が合っておらず、というか
アレックスが明らかに暴走特急化していて、バランスを崩して足をついてしまいました。
超高速で回ってるから建て直しがきかないんだろうなぁ…。
二人で回る(アレックスが途中離脱)→マイアだけ回る→アレックスだけ回る(マイアタイミングを計る)という
不思議なツイズルになってしまいました。残念ながらノーカンであります。
マイアの起き上がりリフトは今日も綺麗でした。
スピンも良かったんですがステップが明らかにいつもより浅い。
というか大変フラットな感じで入っておりました。
結局両方ともレベル2でした。のおおおお。
ちょっと最後まで乗り切れなかった感じでしたが、でもローテーショナルは
回転も速くてダイナミックだった!
終わった直後に首をかしげるマイアがかわいい…。
4大陸で具合が悪かったアレックスですが、この試合でも調子が出ませんでした。
FDはすごく二人らしい明るく素敵なプログラムだっただけに
一番大事な試合でミスが出てしまったのは本当に残念でした。
でもまだシニア2年目、こういう経験をしてどんどん強くなっていくはずです。
来季はヤンキーポルカ、その次はフィンステップで彼らにはピッタリ。
その分FDを練習するのも余裕ができるんじゃないかなぁと思います。

最終組のウォームアップはすごい盛り上がり。
エレーナがいつもどおりものすごい勢いで飛び出して滑っていたので
NHK杯が頭によぎってドッキドキでありました。
しかしこんなすごいメンバーの最終組に入れたなんてなぁ。
この時はまだポジェ君の背中は乾いていたことを確認。
ケイトリン達とナタリー達がステップでかなり近づきましたが普通によけてました
さすがチームメイト。
ニースのフラワーガール達はもうこの時点で落ち着きがありませんでした(笑)
カメラに抜かれまくるアニシナとペーさんとイザベルとオリベエさん。

#16 メリルとチャーリー
最終組のトップバッターは世界チャンプ。
今季一番華やかで軽やかなプログラムからであります。
ニースのリンクにはロゴマークの色が華やかで、メリルの衣装になんとなくぴったり。
最初のリフトは着氷の仕方が本当に素晴らしい。
四大陸ではちょっと最初音楽とズレたステップも今回はピッタリでした。
無重力クルクルリフトは最大の見せ場。これ生で見たいなぁ。
ツイズルも高速で、二人のタイミングもピッタリでした。
最後のリフト→バタフライ(見切れない)までスピードも保って
本当に素晴らしい出来でした。
まさに世界チャンピオンの滑りだったと思います。
結局ステップで両方レベル4を取れなかったのが一番大きかったなぁ。

#17 ケイトリン(激情)とポジェ
演技開始時点ですでにポジェ君の背中が(緊張の)汗で濡れている。
最初のサーキュラーは今季のステップの中でも一番と言っていいくらいの絶品。
苦手なスピンもすごくスムーズで情感たっぷり。
リフトはいつもどおり余裕で素晴らしい。
そして一つ一つの動きが大きくてリンクが狭く見えるよ!
2つ目のステップもスピードを落とすことなく良かった。
そしてツイズルは今季一番の出来でした。このあたりからもうお客さんヒートアップ。
終盤の二人の表現とでっかいローテーショナルリフトで、痛いくらいの激情が伝わってきます。
途中からまったく失敗する気がしなかったです。
まちがいなく二人のパーソナルベストな演技をこの大舞台で見せてくれました。
アンジェリカも思わず涙。
完全に会場を二人の色に変えてしまいました。
そしてカメラさんに抜かれて初めてケイトリンが膝に怪我をしたことに気づきます。
(前にもあったぞこのパターン)
演じ切って、全てを出し切ってもう髪型もボロボロなんだけれどもすごく美しいケイトリンでした。
絶対100超えるだろうとは思ってましたがもちろん超えました。本当に素晴らしかったです。
おめでとう!

#18 ナタリーとファビアン
この大会の主役登場。
鼻を負傷していてもとても美しいミイラと、この世のものとは思えない美しいファラオであります。
フラワーガールもミイラコスプレのお客さんも大興奮。
今見直しても(何回目かわからん)緊張いたします。

冒頭のミイラ覚醒の動きがものすごく好きで何回見たことか。
最初の倒立リフトは決まりましたが腕がプルプルしてこわあああああ。
ステップは二人のエッジも近く、音楽にものってよく動いていました。
ミイラダンスはナタリーの表情がたまらない。
ツイズルもオッケー!よく合っていました。
私が一番緊張したのはやっぱり2つ目のステップでした。
ズーリンのプログラムと同じような組み方なのでドッキドキ。
でも今回はちゃんとコントロールできたー!
スピンが終わってからはもうダンシングモードで会場は熱狂。
最後スタミナもギリギリだったと思いますがきっちりポーズもきめて
本当に素敵でした。
競技人生の大きな目標の一つであるこの地元ワールドで、この個性的な
プログラムでやり遂げました。拠点とコーチ移動で時間も無く大変な
シーズン、しかも直前に大怪我までして難しい状況だったのに
本当に頑張った!!
キスクラでいつもの優しいケイトリンに戻ったケイトリンがお出迎え
なんて美しい抱擁。
SBで念願のワールドメダルを手に入れました。おめでとう!

#19 エレーナとニキータ
直前のナタリー達の興奮が冷めないザワついた会場。
しかも素晴らしい演技がここまで続いてものすごくプレッシャーのかかる状況でした。
昨季は、地元のワールドであまりにも大きな歓声に音楽が聞こえず
スタートから失敗しましたが今季はちがったぜ!
もともとスタートまでに時間をかける二人ですが今回はもう本当にギリギリ。
コールされて残り2秒くらいで演技を開始しました。(1分ではじめないと減点なのだ)
「ニックポーズはやくううううう」とドキドキしてたんですが時間をかけてちゃんと
落ち着いたようでよかったよかった。
最初のリフトはスムーズで綺麗。
結構今回も難しい氷でしたが怖いくらいに滑ってギリギリまでつっこんでいました。
サーキュラーは慎重、というよりはじっくり踏んでいた感じ。
ローテーショナルも激しくてよかったです。
ミラーのツイズルは音楽にもぴったりはまってとても綺麗でした。
エキシも含めて今大会まったく失敗なし。奇跡なのかもう失敗しなくなったのか…。
その後のカーブリフト、これだけはちょっと危なくてニックがバランスを崩すかと思ったんですが
足を前に出してバランス調整したようで問題ありませんでした。
それどころか着氷の時はちゃんとフリーレッグを合わせるあたりがさすがというか。
昨季ワールドはリフトでも失敗してましたが、本当に成長したなぁ…。
ポジションと表現命のスピンもばっちりレベルが取れました。
来季以降もうちょっと早くまわれるといいのう。
そこからダイアゴナルに入るあたりの加速がたまりません。入る前のエレーナも
とてもいい表情をしておりました。
サーキュラーでレベル取れてもダイアゴナルは落とすことが多かったのですが、今回は
ちゃんとレベル3を取ることができました。
クライマックス感が良く出ていたと思います。
最後のリフトはもうちょっとスムーズにポーズを固められるともっと良かった。
でも予選ではレベルを取りこぼしてたのに修正してきました。
ナタリー達のあと、緊張MAXの最終組でこれだけの演技ができるようになったのが
本当に嬉しいです。
今回は映ってないと思ってたらスローではやっぱりエレーナの後ろでガッツポーズなニック(笑)
点数が出て微妙な表情をしていましたが(モロ先生はわりと満足そうだった)
この状況ではベストを尽くせたんじゃないかなぁと思います。
PCSは予選と比べて下がってしまいました。やはり上位にまじってると
つなぎのステップがほとんど入ってないもんなぁ。
その分伸びやかなスケーティングは見られるのが救いではあるんですが
ずっとこの調子というわけにも行くまい。
国別に来てくれるのであれば、またいい演技を見せてくれるといいなぁと思います。
インタビューやいろんな人の(主にタラソワとかタラソワとかタラソワとか)意見など
たくさんあるのでそれらは後日まとめ予定。

#20 テッサとスコット
この素晴らしい最終グループの最後を飾るのは
五輪チャンピオンにして世界チャンプ奪還を目指すSD1位のテッサとスコット。
なんという滑走順でしょう。
フランスは毎年TEBで必ず来ていてテッサも大好きな馴染みの地、しかも
プログラムは「パリの恋人」であります。うーん素敵。
結局衣装は赤のまんまでした。スコットは今日もキモかっこいい。
国別は別衣装バージョン見てみたいなぁ。黒の練習着もすごく似合ってた。
最初のステップがもうズバ抜けて素晴らしかったです。
一瞬「うおっ」と思うほどに滑らか。
ツイズルは最初スコットが置いていかれるかと思いきや普通にタイミングが合ってた
いったいどういう仕組みなのかこれは。
ぬめぬめねっとり進みながら回るというツイズルの完成形。
すわんだほーまさにすまーべらす。
最後のリフトはローテーショナルの前のイナバウアーも良く考えたらとんでもない。
どこに重心を置いているのかさっぱり謎です。
最後フィニッシュのポーズがなんだかちょっとキモ可愛い感じになりました(笑)
とても良い演技だったと思います。

メリル達のプログラムとテッサ達のプログラム、どちらも本当に素敵なんですが
インパクトとか華やかさで言うとメリル達に軍配が上がる気がします。
なんだか昨季とは逆の展開に。
しかしテッサ達の滑りの恐ろしいまでの滑らかさは、この試合の中では
際立っていました。
スコアを見るとPEは全くの同点なんだなぁ。

とにかく上位6組は本当に素晴らしい演技で、素晴らしいイベントになったと思います。
金メダル1個じゃたりない、メダルも3つじゃ足りないよおおお。
2012
04
04

2012世界選手権アイスダンスFD感想その1

#1 サラちゃんとアドリア君(スペイン)
FD進出おめでとう!1番滑走は緊張したと思いますが頑張ったー。
最初の方の動きでサラちゃんがくるくるスピンしているところを捕まえにいくところが
ありますがちょっと危なかった。
カーブリフトはポジションも美しくスピードもありました。
今日も音ハメごくごくおっけー!
素敵な逆リフトはアドリア君の表現がさらに加わった気がします。
来季から導入のコレオリフトはこういうリフトを使いやすくなると思うので
その点はよかったかもしれませぬ。
ツイズルはかなり危なげながらもちゃんと回りきってレベル4
結局ステップが両方レベル2だった以外はすべてレベル4で取りこぼし無しでした。
ステップはエッジの深さも難易度も二人のタイミングもいろいろと改善が必要ですが
昨季よりもとてもよくなっているので、今後も成長が期待できると思います。
大きなミスは無く、自分達のできることが出せたとてもよい一番滑走でした。
グッジョブと言いつつ出迎えるマリーさんが美しい。
今季の二人のプログラムはパスクァーレ振付だったんですが、来季以降は
マリーさん達が振付してくれるのかな?だったらさらに素敵なことになりそうな予感がします。

#2 オブライエン/メリマン(オーストラリア)
かわいい…。
元気よくスタートしましたが最初のステップで女の子がかなり目立つミス。
ツイズルはゆっくり目でしたがちょっとズレてしまいました。がんばれがんばれ。
ステーショナルリフトはとても素敵なんですがもともとレベル取れない構成なのかな?
最初のステップのミスがもったいなかったですが、だんだん落ち着いてきて笑顔も
でてきたのは良かったと思います。
とても明るい雰囲気で好感の持てる二人であります。

#3 ヒーキンケネディ/ドゥニ(ウクライナ)
ユーロの時はどうなることかと思ったんですが素晴らしい出来でした。
基本的に滑りの綺麗なカップルなので見ていてストレスがありません。
ツイズルはとても安定していました。
リバースローテーショナルも安定した速さで回転して美しかったです。
そしてステップがとても綺麗でした。レベルもちゃんと取れてるし。
チャイトはレベル対策お上手なコーチだと思います。
今季のワールドがニースということでこのノートルダムを選んだそうで
「ちゃんと歌詞も翻訳して考えて、音楽をつないだときに内容が不自然にならないように
工夫したんだよ」とインタビューで答えてくれておりました。
ただドミトリー君はダンサーの中でもかなりイケメンに分類されるので、ノートルダム的には
どうなのかという気がしないでもない(笑)
あまりウクライナ!という感じはしない滑りとプログラムなんですが
とても良い演技だったと思います。なにしろこの二人は今季新結成。
ヒーキンケネディさんは昨季までと違うパートナーと、一年目で同じ順位を達成。
FDは80点台にも乗ってSB更新でした。おめでとう!

#4 ズロビナ/シトニコフ
ズーリンと…ミハイロワ(!)がリンクサイドに。
オレグどこいっただ。
ジョン・カーも絶賛してましたが本当に面白くて素晴らしいプログラムだと思います。
ツイズルはややズレましたがオッケー。
股くぐって飛びついてからの首カクカクリフトは会場が盛り上がっておりました。
ズロビナちゃんもえらくあんよが綺麗です。
足ひっかけるだけのリフトも本当に素晴らしい。この二人ロシアで(アゼルで)一番リフト上手いんじゃなかろうか。
2つ目のステップはもうちょっと伸びるとよかったなぁと思います。
最後まで「次はなにやるの?!なにやるの?!」というワクワク感でいっぱいのプログラム
お客さんが立ち上がって「おもしろかったー!」と言っているのが伝わってきました。
ミハイロワはあいかわらず美しくて、姿を見られたのはうれしいけれど
彼女がメリルと同い年で、現役でもぜんぜんいける年齢だということを
考えると切なくなってしまう。
点数が出て、思ったよりも低かったので会場からブーイング。
フランスのお客様はとってもフリーダム。

#5 トビアス/スタグニウナス
イザベラちゃんが何かを拾ってから演技開始。
デビダス君は衣装がなんだかジャージじみた感じになってました。どうした。
ツイズルは最初すばらしかったのに結局スタグニウナス君がへろへろしてしまいました。
ううう。
このプログラムはとても明るくて、イザベラちゃんのキャラクターに本当に
はまっていて素敵なんですが、スタグニウナス君に合っているかと言われると
なかなか微妙なものがあります。
もみあげ盛大に作るくらいはしてくれても良かった。
SDもFDもこの大会はなぜか精彩を欠いてしまった印象があります。
ちょっといつもよりも元気が無かったかんじ。
最後のパートはもうちょっと元気が残っていると良かったんですが
スタグニウナス君がすっかり真顔に。ちょっとお疲れだったのかのう。
イザベラちゃんは今季すごく良くなったので、また来季いいプログラムがもらえるといいなぁ。
ステップの判定がかなり厳しい大会だったので、下位はレベル2だらけでありました。

#6シントンさん組(中国)
最初のシントンさんの表情がものすごく美しい。さすが中国美人。
ツイズルはとても良く揃っていました。
男性がラテン系意外とはまることが判明したシーズンでありました。
さすが中国イケメン。
ただプログラムは本当にそのまんまタンゴという感じで、これといって
ハイライトが無いのがちょっと寂しかったです。
二人が大人の雰囲気を持っているので素敵でしたが、もう一工夫ほしかったなぁ。
最後のステップはちょっとスピードが落ちてしまいました。
昨季の雨に唄えばの方がインパクトとしてはかなり強かったなぁという気がします。
でも滑りがガサガサしてないのはやっぱりいいなぁ。

#7 ラルフ/ヒル(カナダ)
2組続けてタンゴでしたが、こちらはハイライトだらけの面白いプログラム。
ヒル君今日もすばらしいスタイル。そして尻。
最初のサーキュラーなツイズルから目を引きます。
ステップはフリーレッグもよく揃っているしスピードも落ちずに素敵でした。あとはレベル。
つなぎもタンゴらしいステップとムーブメントだらけで本当にかっこいいです。
ステーショナルリフトも素敵でしたがレベルががが。
それ以外のリフトはどれもばっちりでした。
緩急とタメが本当に素敵なプログラムで、今季のタンゴでは一番好きです。
初出場の世界選手権で素晴らしい出来、今回はヒル君より先にぶらさがってるまま
カリスちゃんが先にガッツポーズ!彼女はつらいこともあったシーズンでしたが
とても良い締めくくりができたと思います。
PCSはなかなか良い評価。ただレベルの取りこぼしがあったのでそれがもったいなかったなぁ。
来季もカナダは引き続き国内戦から超熾烈です。頑張れ!

#8 ネッリ姉ちゃんとガジー(ドイツ)
ガジ君が討ち入り衣装じゃなくさわやか白シャツに変更。
スタイルはいいので似合っていました。姉ちゃんの髪飾りすごく素敵。
男子シングルでもすごいロミオがいましたが、この二人のロミジュリも今季一番良かったです。
ツイズルは移動距離も速度もあってとても良かった。でもレベルさんんんn。
ステップはさすがにここまでで一番良い出来。
スピンはガジ君の振付もおっけー。
ロミオとジュリエットの口付けリフトもとても美しかったです。
その後の倒立リフトは姉ちゃんの足が本当にきれい。このあたりはクスタロワ先生のなごりを感じなくもない。
ガジ君の腕にはひょっとしてタトゥー?
だいたい後半でガジ君の体力がなくなるんですが、今回は最後まで
迫力ある音楽にも負けてなかったと思います。
最後は無事に二人で美しく息絶えました。
ミスらしいミスはほとんど無く、スピンでちょっとポジションチェンジに手間取ったくらいかな?
今季一番のFDだったと思います。
そして遅くなったけど姉ちゃんお誕生日おめでとう!あああ姉ちゃんもミハイロワと同じ年かああ。
SBもおめでとう!

#9 アレッサンドリーニ/ヴァトゥーリ(イタリア)
濃い!
なにやら悲恋系が続くニースであります。
最初のスピン素敵だったんですがレベルが取れていませんでした。
リフトは腕の力だけで華麗にくるり。
最初のステップは表情をつけながら綺麗に踏んでいました。
歌が入るあたりの振付の雰囲気がすごく素敵です。
ツイズルはロレンツァがあがががg。大失敗ではないですがレベル3。
ストレートラインリフトあたりから二人の表現力が爆発!
極めつけの素敵ステーショナルリフト。そして客をあおるシモーネ君。
彼らもシニアのワールドは初めてだったはずですが、えらく落ち着いていたと思います。
イタリアチームのこの安定感はいったい…。
マッシモさんが迎えてくれるのがすごく心強い。
毎年素敵なプログラムを見せてくれる二人なんですが、このFDも大好きでした。
シモーネはまた「アレがコレで(妊娠中)」みたいな動作をしてましたがあれはなんだ(笑)
レベルの取りこぼしがあって点が伸びず残念であります。

#10 クームス/バックランド(イギリス)
今回のワールド、カメラワークにそんなに不満はないんですが
(SDは試合中にどんどん改善されていってある意味すごかった)
ペニーちゃんとニコラス君のかわいい冒頭尻クイクイを撮り損ねたところが
大変残念。
今日はツイズルもばっちり!リフトも軽やか。
最初聞いた時はどんな音源だよと思ったプログラムですがまぁ盛り上がって良いかもしれない。
前半すごくいい調子で滑っていたしサーキュラーもしっかりやってると思ったんですが
レベル2であった。
カーブリフトは足が引っかかりかけててちょっと怖かったですが頑張った。
ニック頑張ったな!
今回は終盤のスピンで大きなミスが出てしまってレベルが取れませんでした。
最後が上手くいかなかったので残念な感じになってしまいましたが、頑張ったと思います。
リフトではディダクションが一つ。リフトがダイナミックなだけによくディダクションのつく二人ですが
やっぱりもったいないぞおおお。
キスクラでは可愛い恐竜さんでペニーちゃんを元気付けるニコラス君。
なんて可愛い二人。
ユーロから比べると残念な点数になってしまいましたが、上達していることは間違いないので
来季も元気よく頑張ってほしいです。
2012
04
04

2012世界選手権アイスダンスSD感想その2

最終2グループ。

#16 ボブロワ/ソロヴィエフ(ロシア)
黒ドレスにポニテ、そして今日も美しい脚!
最初のパターンはいいスピードで入りましたがパパンがN。
ツイズルはなんとかなったーとライブでは思ってたんですが
見直すとパパンがかなりよろよろしている…。
ツイズルの後ちょっと音楽に遅れてしまいました。
二つ目のパターンはチョクトーが二人ともだめだったようです。わからん…。
パターンの後のつなぎの動きでいきなりカーチャが転倒。
その後すぐリフトだったので、いつものようなキレのリフトができませんでした。
ううううなんでだあああ。普通にスリップした感じです。
サーキュラーはカーチャがちょっと浅め。
サーキュラーの後のパパンがルンルンと曲げる振り付けが好きです。
演技後なんともいえない顔のレオノワちゃんとヴォロノフ君がカメラに抜かれておりました。
SDは転倒すると、エレメンツが詰まってるだけに復帰するのがとても大変です。
それでもPCSは全て8点台。3つ9点台をつけているジャッジもおりました。
不安げな顔でもらったうさちゃんの耳をモミモミするカーチャが可愛すぎてもう…。

#17 キャロン/ジョーンズ
地元で超盛り上がってスタート。でもいつものように尻を追いかけてはたかれてスタート!
ペルネルさんの衣装がブルー一色のものに変わっておりました。
前の方が好みですがこれはこれで素敵。
最初のツイズルさえクリアすれば…と思っていましたが
残念ながらジョーンズ君が途中でタッチダウン。のおおおおお。
いやそれでも他のレベルが取れれば…(ホイッ!)
このプログラムの能天気な感じがすごく好きなんですがジョーンズ君が
真顔になってしまうとそれではただのイケメンに。
パターンはかなり慎重にやってた気がしますが2つ目がなんとレベル1でした。
ツイズルとリフトとサーキュラーと、どれか一つでもレベルが1つ上だったらFDに進めました。
地元なのになんということでしょう。容赦ない…。
カルポノソフ先生は髪をえらく短くされたのですな。
点数がでて上がる悲鳴と開いた口がふさがらないペーゼラ…。

#18 リャザノワ/トカチェンコ先輩(ロシア)
バカンスの似合う女リャザノワと前日食中毒で苦しんだトカチェンコ先輩であります。
でもどこかのインタビューで「ちょっと危ない味がしたけどでもおいしかった」などとレストランをフォローしておりました。
なんてやさしいお方。
この二人のラテンは最初見た時ちょっと前半もっさりしすぎかなぁと思ったんですが
どんどん良くなって色気と雰囲気を増してきました。
最初の振り付けかっこいいなぁ。
サーキュラーもすごく良くなりました。二人のリズムが合ってきてねっとり感が
どんどん出てきて素敵になった気がします。
前半色っぽいパートも素敵なのですが私は後半のボンバー後派です。派閥があれば。
急にルンルンするトカチェンコ先輩がとても素敵(お腹の調子が悪くても)
ここは練習してても楽しいだろうなぁ。
お腹ぺちぺちも好きでした。今回はちょっと少なめでしたが。
ツイズルも良かったと思ったんですがレベル4じゃないんだなぁ。
このプログラムに不満があるとすればリフトがあんまり好きな形ではないくらいです。
正面からだといいんですが今回のように横から撮られるとスカートの中しか見えない。
演技後ゴルシコフ先生に背中をさすられモミモミされるトカチェンコ先輩。
やはりこうして改めて見ると演技後つらそうに見える。
素敵なんだけれどもやはりなかなかPCSが出ないなぁ…。
もう少し滑りに伸びとスピード、つなぎに工夫が必要ということか。

#19 ケイ虎リン/ポジェ
このプログラムと衣装が見納めかと思うと非常にさみしいものがあります。
二人のパフォーマンス力とその評価がググっと上がったプログラムでした。
でっかくて色っぽい腰振りから。今回は「ア”!」もタイミングばっちり。
パターンも上手なんですが、特にジャッジ側。
食っちゃうぞーという振り付けと拳が入ってるのがたまりません。
ツイズルも音楽のピッピップーにあわせてとても良かった。
サーキュラーも二人のユニゾンもピッタリでしかも音楽にいちいち合わせた楽しい振り付け。
この緊張の強いられる大舞台で、大きな演技が出来るようになった二人。
ほんの2年前五輪に出られなかったなんて嘘みたいだなぁ。
FDでもそうですが、こういう「はっちゃけた表現」をしてくれるようになったのがとても嬉しい。

#20 カッペリーニ/ラノッテ
全てが可愛らしいアンナちゃんとラノッテ君。
ケイトリン達の後に二人を見られるなんて素晴らしい流れ。
見ている間何回「可愛い」と思ったことかもはや数えられないレベル。
パターン大きくなったなぁ。
最初にショーで披露してくれたときからずっと素敵な印象のまま、
飽きのこない素晴らしいプログラムでした。
つなぎが簡単すぎるとかそんなものは可愛いから関係ない。
ツイズル本当に安定したなぁ。
サーキュラーの途中でアイコンタクトもしっかりとって落ち着いていました。
カーニバルになってからはずっとアンナちゃんが可愛い上にとっても凛々しかった!
一緒に踊りたいよ!素晴らしいよ!リュドミラさんマジ天才です。
カメラに抜かれた赤ちゃんかわいいです。

#21 エレーナとニキータ
製氷直後、しかもすごいメンバーと一緒のグループの最初の滑走でしたが
結果的には最高の滑走順だったと思います。
他の組に挟まれているより最初の方がエレーナ達にはやり易かったはず。
世界チャンプが二組も入ってるグループなんてすごいなぁ。

練習の最初と演技前はさすがにナーバスな表情に見えましたが、
スタート位置についたらエレーナが悩殺ウインクとくねくねを繰り出しました。
サーキュラーはいつものようにすごいスピードで入っていきました。
ユーロではレベル1という非常に厳しい判定だったので心配ポイントでしたが
ちゃんと甘かった前半部分を修正してきたようです。
このサーキュラーは本当にスピード感があってかっこよくて、一番好きなサーキュラーでした。
SDで高いSSがもらえるのもこのサーキュラーの印象が大きい気がするなぁ。
来季はミッドラインでもサーキュラーでもいいようですがどうするのかしら。
ミッドラインも二人の間隔が近くてすごく素敵なのでどっちでもいいなぁ。
(いつかホールドしたステップの方が素敵になることを祈る…。)
サーキュラーの後のストップポイントはいつも拍手もらえて良い感じです。
エレーナの頭の動きが派手でした。うーん前半は本当に素晴らしい。
パターンは4と3(女性のチョクトーがN)でまぁ良い感じなのですが
結局シーズン通してぎこちないままエレーナが滑っていました。
(だんだん良くはなってきたけど)
キーポイントはだいたい出来るようになったけど、ルンバを滑れるようになったとは
あんまり言えないなぁ、という感じです。
パターンも小さいし真っ直ぐ気味で広がりがない感じ。
今回の試合はみんなにマイナスついてましたが、やっぱりつくわなぁ…。
ツイズルはニックが絶好調。エレーナが少し遅れてズレましたがまぁ全然オッケー!
ナショナルでこけたポイントもクリア。
最後のパートの開始は送れず「ウー!」にも合ってました。
最後はみでてますがこれはもはや仕様っぽいな。
退場するエレーナが天使の美しさ。
ユーロではレベルの取りこぼしで点数が出なかったのでキスクラでも不安そうでしたが
今季一番良かったのはまちがいない!ワールドでSB出せたよー!

#21 メリルとチャーリー
メリルは結局オレンジ長袖バージョンでした。
公式練習の薄オレンジの花のやつも可愛かったのになぁ。
でもこちらのビビットなカラーの方が動きがシャープに見えるな。
そしてチャーリーがこれまたすっかりシャープに!どうした!
10月頃とは別人の若いチャーリーになっていました。
さすがしっかり絞ってきたなぁ!
全米→4大陸と見てきたメリルの顔アップがすぐ終わってしまったのがさみしい。
くねりくねりからスタート。
ツイズルは高速、しかもピッタリでした。すげー!そいや!
パターンも綺麗でしたが女性のチョクトーが両方N。ひいい。
かっこいい踊り部分では今回もバッシバシチャーリーがポニテ攻撃を受けておりました。
ちょっと体験してみたい。
メリルにもふわふわしたチャーリー毛がきっと当たっているはず。
この二人のサーキュラーは後半部分がとてもかっこよくて好きでした。
そしてまたフィニッシュが変更!またくぐり→とびつきだったのが
いつのまにかメリルが浮いて肩の後ろを回っているというリフトに。
これまたびっくり。
とても良い演技でしたがSBには届かず。

#22 テッサとスコット
冒頭の動きがやはりダントツでキレのある二人であります。
テッサの肩の動きのかっこよさと言ったらもう。
そしてこの難しい氷でも吸い付くようなスケートの良さ。
今季やたらスケートが良い気がするんですが何事でしょうか。
テンプテーションに入る時のテッサがぐるーっとする動きが音に合ってて非常に素敵。
パターン中もぬめーっと綺麗でした。
ツイズルまでぬめぬめしているのはどういうこと?!
高速で、タイミングもそろっていて手の動きにも工夫があり移動距離もある
すばらしいツイズルでした。微妙にテッサが傾きかけますが次の瞬間普通にまっすぐでした。
サーキュラーはとてもスムーズでした。今回はスコットふらつかなかった!
リフトは通常営業の素晴らしさ。
PCSは9.25-10.00でした。すごすぎる。
技術点のベースバリユーはメリルたちとまったく同じ(パターンのKP2がN)ですが
加点とPCSの差が結構でました。こちらはSBでトップ。

#23 シブタニズ
何気に昨季ワールドの1位2位3位(そして4位)という滑走順でした。なんと。
今日もかわいいよー。マイアの衣装がまたまたリニューアル。明るくなって良いです。
最初のパターンはちょっとマイアのチョクトーが足幅苦しそう。
ツイズルはいつもどおり超高速。だったんですがアレックスが微妙にバランス崩しかけたので
ちょっと加点が少なめ。レベルはちゃんと4でした。
うーんイパネマにして随分素敵な雰囲気になりました。
ダンス部分は特訓の成果もあってとっても元気がよくてかっこよかった!
サーキュラーは、動きはマイアが先行してましたが足元はアレックスの方が
しっかり踏んでいた気がします。
リフトの回しっぷりは相変わらず素晴らしかったです。
ステップのレベル取りこぼしがもったいなさすぎたなぁ…。
点数が伸びずキスクラで固まる面々。

#24 ナタリーとファビアン
この二人がワールドSD最終滑走の夢を以前見たことがありまして
正夢となりました。夢の中でも大成功だったのでたぶん大丈夫だろうとは思ってましたが
夢の時はさすがに鼻にテープする事態になってるとは夢にも思わなかったyo!
地元のベテランエースに大興奮の会場。叫ぶペーゼラ。
やたら目立つところに座るフランス勢。

今日も素敵な衣装で登場。
マシュケナダ軍団はみんなワールドSD出られてよかったなぁそういえば。
最初のパターンは相変わらずの大きさ。壁ギリギリであります。
いつもとても深くて大きいパターンで見ていて気持ちよいです。
ユーロの時はキーポイントが見るからに浅いエッジでレベル取れなかったんですが
今回は完璧でした。素晴らしい。
サーキュラーも楽しげに。スケアメでこけたポイントもクリア!
ツイズルはブルザがこわかったですが回りきったからよし。
最後のファビアンくるりんぱリフトもちゃんとできた!
(地上で練習しているところ写真に撮られてましたが護身術の特訓のようであった)
このプレッシャーのかかる試合で、ミス無くやりとげました。
客席総立ち。よかったよおおおお。

今季ラテンの傑作プログラムだと思います。
男女二人のねっとりでは無く、みんなで踊りに繰り出したくなるラテンの
カーニバルのプログラム。
衣装も含めて、どこまでもセンスがよく個性的な二人らしいプログラムでした。

これでSD終了。

Information

さば

Author:さば
Good luck Elena and Nikita !!

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Search

QR-code

QR