FC2ブログ
2012
12
08

2012JGPFアイスダンスFDと最終結果

ついに悲願達成ー

【最終結果】
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 149.57 1 1
2 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 139.21 2 2
3 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON USA 136.19 4 3
4 Anna YANOVSKAYA / Sergey MOZGOV RUS 129.31 3 4
5 Valeria ZENKOVA / Valerie SINITSIN RUS 124.19 6 5
6 Evgenia KOSIGINA / Nikolai MOROSHKIN RUS 120.05 5 6

【FD結果】
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 88.39 42.21 46.18 7.75 7.46 7.82 7.79 7.82 0.00 #6
2 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 84.42 40.14 44.28 7.39 7.21 7.57 7.39 7.46 0.00 #5
3 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON USA 83.59 40.12 43.47 7.32 7.04 7.32 7.36 7.32 0.00 #3
4 Anna YANOVSKAYA / Sergey MOZGOV RUS 76.28 36.33 39.95 6.82 6.46 6.75 6.75 6.61 0.00 #4
5 Valeria ZENKOVA / Valerie SINITSIN RUS 73.80 36.68 37.12 6.50 5.89 6.25 6.36 6.07 0.00 #1
6 Evgenia KOSIGINA / Nikolai MOROSHKIN RUS 69.60 31.24 38.36 6.50 6.29 6.32 6.54 6.36 0.00 #2

【ジャッジスコア】
ジュニアFD

優勝は地元ロシアのステパノワ/ブキン
2位はフランスのパパダキス/シツェロン
3位は4位からの逆転でアメリカのアルドリッジ/イートンでした。みんなおめでとう!

ステパノワ/ブキンはついに悲願達成!なによりも昨季できなかった「SDもFDもクリーン」が
できたことが一番良かった!
地元の大声援の中、素晴らしい五輪会場のリンクで自分たちの力を見せることができて
嬉しいんじゃないかなぁと思います。
上位3組は特にどの組も良く滑っていましたが、昨日も今日も一番ブキン君がリラックスして
試合に臨めていたように見えました。マジ大物。

ガブリエラちゃん達もかっこいいプログラムをシニア顔負けの雰囲気でかっこよく滑り切りました。
ステップでレベルが取れていればもっとTESが高かったと思いますが、昨季ジュニアワールドで
表彰台に乗っているアルドリッジさん達よりも上のTES、PCSを取れたのは自信になったのではないかと
思います。
フランス勢としてはかなり早くから結果を出しているカップルなので、期待も大きいと思いますが
(ナショナルにはシニアの方にも招待参加する模様)
じっくりじっくり育っていってほしいです。

アルドリッジさん達はやっぱり滑りがとても綺麗。そしてわかりやすく素敵なプログラムでした。
ちょっとアルドリッジさんが大きくなった気がしますが、その分シニアっぽいというかなんというか。
SDでちょっと思うようにいかなかったみたいなので、この大きな試合で良い演技ができて
良いイメージで全米とチャンピオンシップに臨めるのではないかなぁ。

ヤノフスカヤさん達は、GPSに比べるとかなりプログラムがしっくりきている感じがしました。
スピンあたりこっそり取りこぼしてるのがもったいなかったー。
上位3組に比べると、ちょっと滑り自体のスケール感がまだ小さいのかな、という気がするので
(なにしろ昨季組んだばっかりだしなぁ)
これから伸びてくるといいなぁと思います。

ゼンコワさん達は滑りのスケール感は大きいんですが、それがキャッツに合っているかというと
やはり疑問ではあります。でもやっぱり衣装変えてだいぶ良い感じになった気がするので
ジュニアナショナルまでにもっと良くできるかどうか。
コシギナちゃん達はリフトでキャッチフットできないなどのミスがあってちょっと残念なFDでした。
でも衣装も変わっていてプログラムもなかなか印象的。
ロシアのジュニアワールドの枠はもちろん3つ。熾烈な争いですがみんな頑張ってほしいです。
スポンサーサイト



2012
12
07

2012JGPFアイスダンスSD結果

ファイナルなんですが、SBを出せた組が1組のみ。
かなりパターンダンスの判定が厳しい試合となっております。

【SD結果】
http://www.isuresults.com/results/gpf1213/SEG015.HTM

1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 61.18 31.50 29.68 7.50 7.21 7.46 7.39 7.50 0.00 #6
2 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 54.79 26.35 28.44 7.11 6.86 7.18 7.04 7.29 0.00 #4
3 Anna YANOVSKAYA / Sergey MOZGOV RUS 53.03 27.78 25.25 6.43 6.18 6.43 6.46 6.11 0.00 #1
4 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON USA 52.60 24.15 28.45 7.18 6.93 7.11 7.21 7.11 0.00 #5
5 Evgenia KOSIGINA / Nikolai MOROSHKIN RUS 50.45 24.71 25.74 6.50 6.21 6.43 6.71 6.32 0.00 #2
6 Valeria ZENKOVA / Valerie SINITSIN RUS 50.39 24.85 25.54 6.54 6.21 6.29 6.50 6.36 0.00 #3

【ジャッジスコア】
ジュニアSD

SD1位は地元ロシアのステパノワ/ブキン
2位はフランスのパパダキス/シツェロン
3位はロシアのヤノフスカヤ/モズゴフとなっております。

とにかくパターンのレベルが取れない試合でした。
ステパノワ/ブキンが唯一レベル3と4できちんと取ってきた感じですが
他は軒並み1とか2とか壊滅状態であります。
特に、GPSでは高得点を取ってきていたパパダキス組やアルドリッジ組、そして
TESの鬼と化していたコシギナちゃん達すら取れていないという厳しさ。
1番滑走だったヤノフスカヤさん達がきちんとTESを取ってきたので、SD終了時点で
3位という素晴らしい状況になっております。
2位以下は結構僅差なので、順位はまだどうなるかさっぱりわかりません。
ステパノワ/ブキンとガブリエラちゃんたちは結構良く動いていましたが
アルドリッジさんとゼンコワさんがえらく緊張していたように見えました。

ステパノワ/ブキンは最初のやたら移動距離を出すツイズルが決まったのが本当に良かった!
あとは会場の盛り上がりも助けになって、とても気持ちよさそうに滑っていました。
キスクラでの反応も大変おもしろかったです(笑)
ガブリエラ様たちも、大きな試合で結構硬くなるイメージでしたが今回はのびのびと。
パターンさえ取れていればなぁ、という感じで、プログラムの雰囲気作りはやはり一番良かったです。
ヤノフスカヤさん達は後半部分が以前よりもとてもよくなっていました。
1番滑走でしたが大きなミスなく、しっかりと技術点を取れたのがなによりでした。

明日からはシニアも試合が始まりますが、同じテクニカルが入ります。
あ、あんまり厳しくないといいなぁ…。
ついにファイナルのメンバー決定いたしましたー。
次はシニアのGPSが始まります。

【最終結果】
http://www.isuresults.com/results/jgpger2012/CAT004RS.HTM

1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 147.10 1 1
2 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 138.61 2 2
3 Daria MOROZOVA / Mikhail ZHIRNOV RUS 124.41 4 3
4 Noa BRUSER / Timothy LUM CAN 117.39 3 4
5 Cagla DEMIRSAL / Berk AKALIN TUR 107.44 5 8
6 Anastasia CHIRIYATYEVA / Sergei SHEVCHENKO UKR 107.20 9 5
7 Marieve CYR / Benjamin BRISEBOIS GAUDREAU CAN 106.58 6 6
8 Jana CEJKOVA / Alexandr SINICYN CZE 96.69 10 7
9 Lisa ENDERLEIN / Hendrik HILPERT GER 95.70 7 10
10 Ria SCHIFFNER / Julian SALATZKI GER 94.20 8 12
11 Viviane ROSCHER / Kevin GASSNER GER 90.19 11 9
12 Eugenia TKACHENKA / Yuri GULITSKI BLR 84.52 12 11
13 Victoria-Laura LOHMUS / Andrei DAVODOV EST 71.87 13 13


【FD結果】
http://www.isuresults.com/results/jgpger2012/SEG008.HTM

1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 86.82 40.07 46.75 7.75 7.67 7.88 7.88 7.88 0.00 #13
2 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 79.95 37.92 42.03 6.96 6.92 6.92 7.13 7.17 0.00 #9
3 Daria MOROZOVA / Mikhail ZHIRNOV RUS 74.08 36.16 37.92 6.33 6.21 6.38 6.38 6.38 0.00 #11
4 Noa BRUSER / Timothy LUM CAN 66.55 30.75 38.80 6.50 6.50 6.29 6.54 6.46 3.00 #10
5 Anastasia CHIRIYATYEVA / Sergei SHEVCHENKO UKR 66.26 32.95 33.31 5.71 5.38 5.63 5.58 5.54 0.00 #7
6 Marieve CYR / Benjamin BRISEBOIS GAUDREAU CAN 63.18 29.78 33.40 5.58 5.33 5.67 5.63 5.79 0.00 #8
7 Jana CEJKOVA / Alexandr SINICYN CZE 58.02 29.68 28.34 4.79 4.63 4.67 4.79 4.79 0.00 #2
8 Cagla DEMIRSAL / Berk AKALIN TUR 57.80 26.36 33.44 5.67 5.50 5.42 5.67 5.63 2.00 #12
9 Viviane ROSCHER / Kevin GASSNER GER 55.67 30.53 25.14 4.38 4.04 4.17 4.21 4.21 0.00 #3
10 Lisa ENDERLEIN / Hendrik HILPERT GER 53.84 27.11 26.73 4.42 4.42 4.42 4.54 4.50 0.00 #6
11 Eugenia TKACHENKA / Yuri GULITSKI BLR 53.03 28.87 24.16 4.21 3.92 4.00 4.00 4.04 0.00 #1
12 Ria SCHIFFNER / Julian SALATZKI GER 52.42 28.70 26.72 4.58 4.42 4.33 4.54 4.38 3.00 #5
13 Victoria-Laura LOHMUS / Andrei DAVODOV EST 45.76 24.25 21.51 3.71 3.54 3.46 3.63 3.58 0.00 #4

【ジャッジスコア】
FD

優勝はロシアのステパノワ/ブキン(ぶっちぎり)
2位はアメリカのハワイェク/ベイカー
3位はSD4位からの逆転でロシアのモロゾワ/ジルノフが入っております。

最終組は転倒などの大きなミスが出る組もあり、なかなかハードな試合でしたが
みんな最後まで頑張ったー。

ステパノワ/ブキンは前回よりもさらにかっこよくなってました。
相変わらずドヤ!というか見得の切り方が堂に入ってる。歌舞伎ん?
ツイズルは今日も大成功。
サーシャちゃん大きいのでリフト大変だろうと思うんですが
色んなポジションで頑張っております。
得意のドーナツポジションのローテーショナルは、さらに真ん丸、スピードも
上がった気がします。
コレオリフトも独創的。
滑りはダントツででっかいし、シーズン後半に向けて滑りこんでいけば
さらに素晴らしいことになるでしょう。
1位-1位でもちろんファイナル決定。総得点でも首位なのでラスボス決定です。
最後動画がぶっちぎれたのは残念であった。

2位のケイトリンちゃん達は本当にさわやかな「雨に唄えば」(普通のアレンジであった)
SDもそうでしたがとても6月に組んだばかりとは思えない完成度。
2人ともとても膝が柔らかそうで、綺麗な滑りでした。
ステップがするするするーっと深いエッジで進んで行って気持ち良かったです。
プログラムも氷投げたりして素敵。ベイカー君もうちょっと大きくなると
もっと(見た目的に)バランスはよくなりそう。今も問題ないけど。
スピンであからさまにミスがあったのでそこだけ残念でした。
でも本当にステップ上手かったー。

3位のモロゾワちゃん達は大きなミスなく滑り終えたことに加えて、ステップでレベル3を取れたのが
大きかった。
スビニン先生のところはブキン君のところと2組、両方とも台乗りであります。おめでとー!
ナショナルなどで派手に「ダバーイ」と聞こえるのはスビニンチームですが
今日も自分たちの出番が終わった後に大きな声で応援してた?

4位のBRUSER / LUMは歯切れの良いスケーティングで
(SDよりもこっちのプログラムが好きだな)
とても良い感じだったんですが、ローテーショナルリフトでべちょっと転倒してしまいノーカン。
停止の減点も取られてしまって表彰台を逃してしまいました。
でもとても良い演技でした。
最終戦!最終戦!

【SD結果】
http://www.isuresults.com/results/jgpger2012/SEG007.HTM

1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 60.28 31.00 29.28 7.33 7.13 7.46 7.29 7.38 0.00 #6
2 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 58.66 31.82 26.84 6.67 6.58 6.71 6.75 6.79 0.00 #12
3 Noa BRUSER / Timothy LUM CAN 50.84 27.09 23.75 6.00 5.83 5.96 5.83 6.04 0.00 #9
4 Daria MOROZOVA / Mikhail ZHIRNOV RUS 50.33 26.41 23.92 6.04 5.83 5.92 6.04 6.04 0.00 #7
5 Cagla DEMIRSAL / Berk AKALIN TUR 49.64 28.59 21.05 5.25 5.21 5.21 5.38 5.25 0.00 #3
6 Marieve CYR / Benjamin BRISEBOIS GAUDREAU CAN 43.40 22.00 21.40 5.58 5.29 5.33 5.38 5.21 0.00 #8
7 Lisa ENDERLEIN / Hendrik HILPERT GER 41.86 24.41 17.45 4.42 4.29 4.46 4.33 4.33 0.00 #5
8 Ria SCHIFFNER / Julian SALATZKI GER 41.78 24.00 17.78 4.63 4.38 4.42 4.33 4.46 0.00 #1
9 Anastasia CHIRIYATYEVA / Sergei SHEVCHENKO UKR 40.94 19.49 21.45 5.58 5.29 5.33 5.29 5.33 0.00 #10
10 Jana CEJKOVA / Alexandr SINICYN CZE 38.67 21.78 17.89 4.50 4.38 4.46 4.50 4.50 1.00 #4
11 Viviane ROSCHER / Kevin GASSNER GER 34.52 17.12 17.40 4.54 4.17 4.38 4.25 4.38 0.00 #13
12 Eugenia TKACHENKA / Yuri GULITSKI BLR 31.49 16.58 14.91 3.88 3.67 3.75 3.79 3.58 0.00 #11
13 Victoria-Laura LOHMUS / Andrei DAVODOV EST 26.11 15.05 13.06 3.50 3.21 3.25 3.25 3.13 2.00 #2

【ジャッジスコア】
SD

SD1位はついに60点超えのステパノワ/ブキン
2位にはアメリカのハワイェク/ベイカー
3位にカナダのBRUSER / LUM となっています。
3位から5位までは僅差です。

ステパノワ/ブキンは多分60超えてくるだろうなぁと予測しておりましたが
2位のケイトリンちゃん達の点数が高くてびっくり!素晴らしいTESであります。
6月に組んだばかりということはまだ4か月しか経ってないんですが…。よくがんばったなぁ。
演技を見ると確かに、特にブルースのパターンはかなり気を付けてレベルを取ってきているのがわかります。
その分わかりやすく顔がこわばってたりするのがまた可愛い(笑)
表現面はまだまだこれからでPCSもこれから伸びてくると思うんですが、組んだばかりで
これだけきっちり揃えられるというのがそもそも恐ろしい。
アメリカの世界ジュニアの枠は3枠ですが、アルドリッジ達はちょっと実力抜けてますが
マクマナラちゃん達、パーソンズとケイトリンちゃん達の熾烈な代表争いになりそうです。
カナダの二人は、とびぬけてこれがいい!というところは今のところ見つかりませんが
全体の質が高く、とても安定した感じがあります。今季のカナダジュニアはみんなそんな感じ。
国全体のレベルが高いのがよくわかります。
とても上手なので、もうちょっと個性を出せるといいなぁ(衣装の色はすごいけど)

ステパノワ/ブキンはきちんと前回の反省を踏まえてマイナーチェンジしております。
ストレートラインリフト(いわゆるグースな形)が前の開脚からストレッチ(ラジオ体操的な)に
変わっておりました。面白い。今度はちゃんとレベルとれたよー。
彼らのSDは微妙に笑えるように作ってるんだな。
滑りのスケール感が相変わらず大きくてとても素敵です。
ブキン君は常に髪の量があんな感じですが、散髪に行ってあの量に整えてるとしか思えない。

1位、2位と3位の間に結構点差があるので上二組は確定かな?と思うんですが
3位はどの組になるかまだわかりません。モロゾワちゃん達も素敵な演技だったので
最終戦FD、みんな自分の持てる力を十分に発揮できるといいなぁと思います。
Pokal d. Blauen Schwerter杯であります。(読めん)
早くもJGPは最終戦、あっという間すぎて怖いです。
来週はシニアのGPSが始まりますが何かのまちがいじゃないかと思うくらい早いです。

この試合でJGPFへの全出場カップルが確定します。

【日程】※現地時間(日本時間-7h)
10月11日(木)
10:00- 女子シングルSP
15:15- ペアSP
18:45- 男子シングルSP

10月12日(金)
10:15- アイスダンスSD
13:15- 女子シングルFS
18:45- ペアFS

10月13日(土)
10:30- アイスダンスFD
13:30- 男子シングルFS

いよいよファイナルのメンバーが確定します。
ファイナルはロシアのソチ、五輪で使用されるリンクである「氷山」でシニアと同時開催です。

この試合の優勝候補は割とダントツでロシアのステパノワ/ブキン。
彼らは昨季とその前、すでにファイナル進出を果たしどちらも3位に入っています。
さらに昨季世界ジュニアで銀メダル、ということでちょっとジュニアの中でも実力が抜けております。
この大会は2回くらいこけても余裕で優勝しそうな感じです。

表彰台候補としては、同じくロシアのモロゾワ/ジルノフ(前の大会は4位)
アメリカのハワイェク/ベイカーあたりかな?ただ前回表彰台に乗っているカップルは
いないので、おそらくJGPF進出の可能性があるのもステパノワ/ブキンのみです。

チェコのCEJKOVA / SINICYNはコレオにネッリ姉ちゃん達の名前があります。

現在のJGPSポイント表
http://www.isuresults.com/events/jgp2012/jgpsdance.htm

最終戦、ということで良い試合になることを期待しています。

Information

さば

Author:さば
Good luck Elena and Nikita !!

Calendar

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Search

QR-code

QR