FC2ブログ
2013
02
04

2013ロシアジュニアナショナル結果

恐ろしあ、なジュニアナショナル終了。
優勝候補のステパノワ/ブキンはイワン・ブキン君の体調不良(風邪からの副鼻腔炎だそうな)により
残念ながら欠場となってしまいました。
彼らは今季の実績から、欠場でも世界ジュニア(ミラノ)の出場権を得ている、と
すでにロシア連盟から発表があっております。
ということで残りの2枠を争うことに。


【最終結果】
http://fsrussia.ru/upl/results/1213/rusnatjun1213/CAT003RS.HTM

1 Valeria ZENKOVA / Valeri SINITSIN МОС 143.99 1 3
2 Evgenia KOSIGINA / Nikolai MOROSHKIN 143.26 3 2
3 Anna YANOVSKAYA / Sergey MOZGOV МОС 142.88 4 1
4 Daria MOROZOVA / Mikhail ZHIRNOV МОС 135.13 2 4
5 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN ТОЛ 130.78 6 5
6 Kristina BAKLANOVA / Andrei BAGIN МОС 129.35 5 7
7 Betina POPOVA / Yuriy VLASENKO МОС 128.16 8 6
8 Maria SIMONOVA / Dmitriy DRAGUN ТОЛ 124.73 7 9
9 Valeria LOSEVA / Denis LUNIN МОС 121.28 9 8
10 Eva KHACHATURIAN / Igor EREMENKO МОС 108.92 11 10
11 Alla LOBODA / Pavel DROZD МОС 107.26 12 11
12 Ekaterina BOCHAROVA/ Anton SHIBNEY МОС 105.40 10 14
13 Anastasia VORONKOVA / Nikita TRUSHKOV МОС 104.89 13 12
14 Elizaveta TRETIAKOVA / Alexander SAVIN МОС 103.52 14 13
15 Daria MALAEVA / Vladislav ISHIN ТОЛ 97.11 15 15

【SD結果】
http://fsrussia.ru/upl/results/1213/rusnatjun1213/SEG005.HTM

1 Валерия ЗЕНКОВА / Валерий СИНИЦЫН
МОС 58.62 28.85 29.77 7.54 7.29 7.46 7.54 7.39 0.00 #11
2 Дарья МОРОЗОВА / Михаил ЖИРНОВ
МОС 56.19 28.29 27.90 7.00 6.71 7.11 7.07 6.96 0.00 #14
3 Евгения КОСЫГИНА / Николай МОРОШКИН
МОБ 56.06 26.43 29.63 7.46 7.21 7.50 7.46 7.39 0.00 #7
4 Анна ЯНОВСКАЯ / Сергей МОЗГОВ
МОС 55.15 25.58 29.57 7.46 7.25 7.29 7.54 7.39 0.00 #6
5 Кристина БАКЛАНОВА / Андрей БАГИН
МОС 54.05 27.57 26.48 6.68 6.46 6.64 6.75 6.57 0.00 #13
6 Софья ЕВДОКИМОВА / Егор БАЗИН
ТОЛ 53.17 27.07 27.10 6.82 6.57 6.79 6.75 6.89 1.00 #4
7 Мария СИМОНОВА / Дмитрий ДРАГУН
ТОЛ 52.25 27.93 24.32 6.29 5.96 6.07 6.14 5.96 0.00 #1
8 Бетина ПОПОВА / Юрий ВЛАСЕНКО
МОС 50.97 25.86 25.11 6.36 6.11 6.39 6.32 6.21 0.00 #8
9 Валерия ЛОСЕВА / Денис ЛУНИН
МОС 46.86 22.42 24.44 6.18 5.96 6.21 6.14 6.07 0.00 #5
10 Екатерина БОЧАРОВА / Антон ШИБНЕВ
МОС 42.97 20.37 22.60 5.71 5.57 5.64 5.68 5.64 0.00 #15
11 Ева ХАЧАТУРЯН / Игорь ЕРЕМЕНКО
МОС 42.47 21.36 22.11 5.54 5.32 5.64 5.64 5.50 1.00 #10
12 Алла ЛОБОДА / Павел ДРОЗД
МОС 41.22 19.92 21.30 5.39 5.11 5.36 5.46 5.29 0.00 #2
13 Анастасия ВОРОНКОВА / Никита ТРУШКОВ
МОС 40.62 18.64 21.98 5.64 5.36 5.43 5.61 5.43 0.00 #3
14 Елизавета ТРЕТЬЯКОВА / Александр САВИН
МОС 40.40 18.07 22.33 5.71 5.43 5.61 5.61 5.54 0.00 #12
15 Дарья МАЛАЕВА / Владислав ИШИН
ТОЛ 38.51 18.28 20.23 5.18 4.93 5.07 5.11 5.00 0.00 #9

【FD結果】
http://fsrussia.ru/upl/results/1213/rusnatjun1213/SEG006.HTM

1 Анна ЯНОВСКАЯ / Сергей МОЗГОВ
МОС 87.73 41.57 46.16 7.71 7.50 7.71 7.89 7.79 0.00 #12
2 Евгения КОСЫГИНА / Николай МОРОШКИН
МОБ 87.20 41.29 45.91 7.71 7.54 7.75 7.64 7.68 0.00 #15
3 Валерия ЗЕНКОВА / Валерий СИНИЦЫН
МОС 85.37 40.06 45.31 7.61 7.36 7.64 7.64 7.64 0.00 #14
4 Дарья МОРОЗОВА / Михаил ЖИРНОВ
МОС 78.94 37.78 41.16 6.89 6.68 6.86 6.96 7.04 0.00 #11
5 Софья ЕВДОКИМОВА / Егор БАЗИН
ТОЛ 77.61 37.07 40.54 6.89 6.61 6.57 6.93 6.86 0.00 #10
6 Бетина ПОПОВА / Юрий ВЛАСЕНКО
МОС 77.19 38.50 38.69 6.39 6.32 6.57 6.50 6.57 0.00 #6
7 Кристина БАКЛАНОВА / Андрей БАГИН
МОС 75.30 36.02 39.28 6.57 6.43 6.64 6.57 6.61 0.00 #13
8 Валерия ЛОСЕВА / Денис ЛУНИН
МОС 74.42 35.94 38.48 6.43 6.25 6.46 6.54 6.50 0.00 #7
9 Мария СИМОНОВА / Дмитрий ДРАГУН
ТОЛ 72.48 36.42 38.06 6.46 6.21 6.18 6.39 6.54 2.00 #8
10 Ева ХАЧАТУРЯН / Игорь ЕРЕМЕНКО
МОС 66.45 32.10 34.35 5.82 5.57 5.82 5.79 5.71 0.00 #2
11 Алла ЛОБОДА / Павел ДРОЗД
МОС 66.04 32.72 33.32 5.61 5.50 5.61 5.57 5.50 0.00 #4
12 Анастасия ВОРОНКОВА / Никита ТРУШКОВ
МОС 64.27 30.83 33.44 5.64 5.46 5.68 5.54 5.61 0.00 #1
13 Елизавета ТРЕТЬЯКОВА / Александр САВИН
МОС 63.12 29.88 33.24 5.54 5.36 5.68 5.64 5.61 0.00 #3
14 Екатерина БОЧАРОВА / Антон ШИБНЕВ
МОС 62.43 29.42 34.01 5.75 5.61 5.54 5.75 5.71 1.00 #9
15 Дарья МАЛАЕВА / Владислав ИШИН
ТОЛ 58.60 28.58 30.02 5.18 4.96 4.86 5.11 4.89 0.00 #5

【ジャッジスコア】
全種目

優勝はゼンコワ/シニツィン
2位は僅差でコシギナ/モロシキン
3位もこれまた僅差でヤノフスカヤ/モズゴフでした。

1位から3位まで非常に僅差、しかもSDとFDで1位と3位が逆になってるという
なかなか不思議な展開になっております。
動画を見る限り、実は一番良かったのは2位のコシギナちゃん達だったような気がします。
(SDのサーキュラーあたりはかなり加点渋い気がする…)
ゼンコワさん達はやはりFDがちょっと不調、というか何となくプログラムがしっくりこないまま
ここまで来てしまった感があります。滑りは綺麗でダイナミックでいいんですが
後半特にもっさり見えてしまうのが残念。
SDは大人っぽい感じが大きい二人に非常に良くあっているので、衣装だけなんとか…。
逆にヤノフスカヤさん達はSDがちょっとオーソドックスすぎるのかな?という気もします。
でもどこが悪いというわけでもないのが難しいところだなぁ…。

昨季はジュニアナショナル僅差で4位だったヤノフスカヤさん達が世界ジュニアに
派遣されました。今季も僅差すぎてちょっとどうなるか…という感じですが順位通りの派遣に
なるかな?
まだ発表されていませんが、正式発表があったら追記いたしまする。

動画は全てこちらのチャンネル(mihsershさん)が上げてくださっております。
スポンサーサイト



世界一過酷なジュニアナショナルはロシアのアイスダンスであります。
ここ数年非常にレベルが高くなっているロシアのジュニア勢。
世界ジュニアの枠はもちろん3つありますが、3つじゃたりない勢いというのも続いております。
会場は昨季まで連続でシニアのナショナルを開催していたモルダヴィア共和国のサランスク。
交通は不便なようですが、すっかりおなじみになってきた会場です。


【日程】※現地時間(日本との時差-4h)
2月1日(金)
14:00-16:30 男子シングルSP
16:50-17:20 オープニングセレモニー
17:35-19:15 ペアSP
19:30-21:15 アイスダンスSD

2月2日(土)
14:00-16:45 女子シングルSP
17:00-19:45 男子シングルFS
20:00-22:00 アイスダンスFD

2月3日(日)
12:00-15:00 女子シングルFS
15:15-17:15 ペアFS
17:45- 表彰式

【エントリー】
http://www.fskate.ru/results/tour/1164.html

Kristina BAKLANOVA / Andrei BAGIN
Ekaterina BOCHAROVA/ Anton SHIBNEY
Anastasia VORONKOVA / Nikita TRUSHKOV
Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN
Valeria ZENKOVA / Valeri SINITSIN
Evgenia KOSIGINA / Nikolai MOROSHKIN
Valeria LOSEVA / Denis LUNIN
Daria MALAEVA / Vladislav ISHIN
Daria MOROZOVA / Mikhail ZHIRNOV
Betina POPOVA / Yuriy VLASENKO
Maria SIMONOVA / Dmitriy DRAGUN
Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN
Elizaveta TRETIAKOVA / Alexander SAVIN
Eva KHACHATURIAN / Igor EREMENKO
Anna YANOVSKAYA / Sergey MOZGOV

優勝候補はJGPFを制したステパノワ/ブキン。
昨季はシニツィナ/ジガンシンと競っていましたが、今季はちょっと抜けた感があります。
SDのブルースはもちろんですが、FDのちょっと変わったアレンジのボレロは
シーズンが進むにつれて味のある良いものになってきています。
彼らはほぼ代表になるのは確実であろうと思われますが、表彰台争いは非常に熾烈です。
シュピルバンド先生効果で今季ものすごい復活っぷりをみせてくれているコシギナ/モロシキン。
だんだん調子上がってきたよー、という感じの昨季代表ヤノフスカヤ/モズゴフ
ズーリン門下のゼンコワ/シニツィンもFDの衣装を変えて随分いい感じに。
この3組で表彰台の残り二つを争うことになるのではないかと思います。

それに加えてシモノワ/ドラグン、ロゼワ/ルニン、モロゾワ/ジルノフなど
実力のあるカップルがたくさんおり、上位カップルもミスをすればわからない…というのが
一番恐ロシアなところであります。

昨季はJUSTINで一応ストリーミングがありましたが(音声ひどかった)
今季は今のところまだ不明です。動画は見られるといいなぁ。
すでに他カテゴリーの試合ははじまっております。
今季はオマハで開催の全米選手権。
日程はテレビ放送の関係でFSが分割スケジュール。
また、アイスダンスSDは最初の1時間がヨーロッパ選手権のアイスダンスFDと
重なっております。

【日程】※現地時間(日本時間-13h)
1月24日(木)
16:00-18:40 ペアSP
19:00-19:35 開会式
19:35-23:05 女子シングルSP

1月25日(金)
14:00-16:55 アイスダンスSD(日本時間翌5:00-7:55)
19:30-22:55 男子シングルSP

1月26日(土)
11:00-11:50 ペアFS前半
12:05-13:00 アイスダンスFD前半(日本時間翌3:05-4::00)
13:25-15:00 ペアFS後半
15:15-16:55 アイスダンスFD後半(日本時間6:15-7:55)/表彰式
17:45-21:55 女子シングルFS/表彰式

1月27日(日)
12:15-16:00 男子シングルFS/表彰式
19:30-21:30 エキシビション

【アイスダンスエントリー(滑走順)】
http://www.usfigureskating.org/leaderboard/results/2013/68390/CAT004SEG007.html

1 Katie Donaldson / Brock Jacobs
2 Kseniya Ponomaryova / Oleg Altukhov
3 Danielle Gamelin / Alexander Gamelin
4 Ginna Hoptman / Pavel Filchenkov
5 Anastasia Cannuscio / Colin McManus
6 Anastasia Olson / Keiffer Hubbell
7 Taylor Tran / Sam Kaplun
8 Madison Hubbell/ Zachary Donohue
9 Lynn Kriengkrairut / Logan Giulietti-Schmitt
10 Meryl Davis / Charlie White
11 Maia Shibutani / Alex Shibutani
12 Isabella Cannuscio / Michael Bramante
13 Madison Chock / Evan Bates
14 Alissandra Aronow / Collin Brubaker
15 Kristen Nardozzi / Nick Traxler

優勝候補は、というよりもよっぽどのことがないかぎり優勝は
全米4連覇中のデービス/ホワイトになると思われます。
今季もGPFでも勝利し4連覇。今季は特にSDのプログラムが出色の出来。
テッサたちがナショナルでおそろしい数の10点満点を量産していたので
こちらも同じように良い点が期待されます。

今季はロシア杯でのアクシデントなどもあり、ファイナルに残ることはできませんでしたが
シブタニズもやはり滑りの実力は抜き出ており、こちらもまず表彰台には
乗ってくるであろうと予想されます。
シブズのアカウントで素晴らしいオリジナルビデオ(ヒデオさん編集)を
披露してくれていましたが、NHK杯以降の彼らの進捗状況は
あまり伝わってきていません。ファイナルがなかった分集中して練習できていると
いいなぁと思います。
今のところプログラムの大きな変更はなさそうです。

熾烈なのは3枠目争い。4大陸選手権も世界選手権も3枠で、おそらくどのカップルが
3枠目でも上位に来てくれるとは思うんですが、国内の争いが激しいところです。
昨季世界選手権代表になったハベル/ドノヒューは、GPSでも良い演技を見せてくれて
いました。DSCはシニアのダンストップチームに怪我が相次いで心配なことになっていますが
彼らが良い演技で再び良い流れを作ってくれるといいなぁと思います。

また、チョック/ベイツは今季オフにシュピルバンド先生と共にカントンからノヴァイのリンクに
移っています。それほどたくさん試合に出られたわけではありませんが
SDもFDも印象に残るプログラムで、リフトなどもさすがという感じで工夫されています。
マディソン対決を今季こそ制したいところ。

さらには、クリン・クライルート/ジュリエッティシュミット。今季も彼ららしい
大人っぽいプログラムが非常に似合っており、コツコツと確実に技術点を重ねていく
彼らも、2季連続の表彰台、さらには代表入りを狙っているはずです。
うーんなんというレベルのたかさ。

他にもハベル兄ちゃん/オルソンさん、カヌーシオ姉妹組など、新結成のカップルも
実力があり、見逃せない全米選手権であります。
(カヌーシオ姉妹はパートナー変えてもすぐ全米出てこられるところがすごいなぁ)
バックステージでは、今季もタニスが(ベンジャミンさんも?)活躍してくれると思うので
そちらも楽しみにしています。みんながんばれー
2013
01
21

2013カナダナショナルFDと最終結果

これは結構波乱と言えるんじゃなかろうか…

【最終結果】
1 Tessa Virtue / Scott Moir WO 79.04 108.19 187.23
2 Piper Gilles / Paul Poirier CO 67.95 102.86 170.81
3 Nicole Orford / Thomas Williams BC/YT 61.52 91.04 152.56
4 Alexandra Paul / Mitchell Islam CO 66.24 85.49 151.73
5 Kharis Ralph / Asher Hill CO 52.08 88.78 140.86
6 Andréanne Poulin / Marc-André Servant QC 50.57 83.28 133.85
7 Élisabeth Paradis / François-Xavier Ouellette QC 51.20 81.63 132.83
8 Larissa Van As / Troy Shindle BC/YT 47.07 72.73 119.80
9 Mélissande Dumas / David Mackay Perry QC 40.86 58.66 99.52

【ジャッジスコア】
FD

優勝はヴァーチュ/モイア
2位はギルス/ポワリエ
3位はなんとSD5位からの逆転でオーフォード/ウィリアムスが入っております。おめでとー!
SDでは3位だったポール/イスラムは僅差ながら表彰台を逃してしまいました。

テッサ達は点数だけ見ると、ナショナルにしてはおとなしい点数だしディダクションが2ついてるし
(実はディダクションは最初3ついていた)
どうなってんだ?!という感じですが、今回はリフトのタイムオーバーが2つと
スピンがレベル1、コンビネーションリフトのストレートラインがレベル2と、いくつか取りこぼしがあり
このような感じになっております。
ただ演技内容としては非常に素晴らしく、PCSの後ろ3つが10.00という
ものすごい評価になっております。
コレオリフトなども変更、そしてスコットの表現がちょっとファイナルまでとは違ってきた気がします。
冒頭カルメンがホセの背中を撫でるのもよりネットリ。尻まで撫でてますがゾワッとこないのであろうか(笑)



表現面でより印象が強くなったなぁ!と感じました。
ただチャンピオンシップではまたメリル達と当たるし、そこで取りこぼしがあると致命的。
本人たちも「対応できるよ」ということなので、しっかり対応していってほしいなぁと思います。

2位のギルス/ポワリエはほぼ取りこぼしなく、ベースバリユーではテッサ達よりも上!
SDに続いてFDでも安定した素晴らしい演技を見せてくれたようです。
PCSもかなり高い点数をもらってるよー!
GPSでは思ったよりも評価が低くて個人的には非常にびっくりだったんですが
チャンピオンシップで良い演技を披露して、来季に向けて評価をあげていってほしいなぁと思います。

3位のオーフォード/ウィリアムスはカナディアンアイスダンスにおけるBC大躍進の総仕上げとなりました。
すごいぞメーガンとアーロン!
こちらも大きなミスなく(ステップで一つレベル2があったくらい)素晴らしい演技だった模様。
シニアのチャンピオンシップへ出場権を手に入れました。今季二度目の日本での試合!

SD3位、今季こそ!と思っていたポール/イスラムですが、ううう…。
どうやらダイアゴナルステップで2人で転倒してしまったようで、ディダクション2に加えて
レベルも1、スピンの取りこぼしもありTESが伸びませんでした。
調子はすごく良かったみたいなので、より悔しかろうなぁ…。
なかなか結果が出ないのが惜しすぎる2人なんですが、これをバネに飛躍してほしい。

ラルフ/ヒルはレベルもある程度は取れているし、SDのような目立つミスも無く
プログラムもとても素敵だと思うんですが(今回の演技はまだ見てないけど)
PCSがオーフォード組よりも下ということで、こちらも点があまり伸びず。
国際レベルで十分に戦っていけるカップルだけに、チャンピオンシップで見られないのが
非常に残念です。

今季は大阪で開催される予定の4大陸選手権には今のところ上位3チームがそのまま派遣予定。
また世界ジュニアにはジュニアで1位2位のエドワーズ/パン組とベント/マッキーンが派遣されるそうです。
世界選手権の代表はまだ発表されていません。
ケイトリン達が間に合うのかどうか、非常にきになるところです。間に合ってくれー。
レベルが高すぎておそろしいくらいのカナダナショナルであります。

【SD結果】
http://results.skatecanada.ca/2012-2013/2013CDNS/2013CDNSSrDancecatResults.pdf

1 Tessa Virtue / Scott Moir WO 79.04
2 Piper Gilles / Paul Poirier CO 67.95
3 Alexandra Paul / Mitchell Islam CO 66.24
4 Nicole Orford / Thomas Williams BC/YT 61.52
5 Kharis Ralph / Asher Hill CO 52.08
6 Élisabeth Paradis / François-Xavier Ouellette QC 51.20
7 Andréanne Poulin / Marc-André Servant QC 50.57
8 Larissa Van As / Troy Shindle BC/YT 47.07
9 Mélissande Dumas / David Mackay Perry QC 40.86

【ジャッジスコア】
SD
※ジャッジスコアのPCSの点はなんかちがうので注意

SD1位はぶっちぎりでヴァーチュ/モイア
2位はギルス/ポワリエ
3位は2位と僅差でポール/イスラムであります。
4位のオーフォード/ウィリアムスまでが60点以上という素晴らしい点数。

テッサ達は結構手を加える、と言っていましたがプログラム全体の印象としては
それほど変更していない感じ。
ただ前よりも二人のリレーションシップを感じる演技になっていたような気がします。鼻があたるあたる。
冒頭からポルカに入るまでのつなぎの動き、最後のあたりもかなり濃厚な感じになっておりました。
テッサの爪の色が両薬指だけ違う色で、なにか秘密があるにちがいない。
エッジも近いし二人ともぬるりと滑っていて、今季のベストSDだったんじゃないかなぁと思います。
ポルカのパターンも非常に素敵でした。
比接触ステップも含めてすべてのエレメンツがレベル4、加点も2と3のみ。さらにはPCSデ10.00が14個
最低が9.25というものすごい点数!

http://video.tsn.ca/?dl=figure_skating/latest/1/0/847272/clip/265
(TSNのインタビュー付き高画質動画)



2位と3位(ギルス/ポワリエとポール/イスラム)はどちらもレベルのとれ具合はまったく同じ
加点とPCSで少しだけ差がついていますが非常に僅差で、FDの結果次第で
どちらが上に来るかわかりません。
表彰台にはどちらも上がるだろうと思うんですが、ウィーバー/ポジェが間に合えば世界選手権の
代表になるであろうことを考えると、どちらも本当に2位に入っておきたいところだと思います。
先日行われたDSCの壮行会では、ポール/イスラムがFDの素晴らしい仕上がりを見せてくれていました。
目が離せない2位争いになっております。早く動画見たいよう。

4位のオーフォード/ウィリアムスも非常に良い点数。
パターンと非接触ステップがレベル3ですが、それ以外は取りこぼし無し。

どうやら上位で唯一不本意な出来になってしまったのがラルフ/ヒル。うう。
パターンが片方レベル1になってしまったのに加えて、ツイズルがノーレベル。
これはファーストツイズルでいきなり失敗してしまったそうな。のおおおお。
とても楽しいプログラムでお客さんも盛り上がったと思うんですが、
上位とはちょっと点差が開いてしまいました。FDのバルセロナもとても良いプログラムなので
巻き返しを期待しています。

この大会、ケイトリンの足首の骨折で欠場しているウィーバー/ポジェが会場を訪れて
元気な姿を見せてくれております。(でもまだギプスと杖がいるのか…)



とにかく早くよくなりますように。

Information

さば

Author:さば
Good luck Elena and Nikita !!

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Search

QR-code

QR