FC2ブログ
2013
12
09

2013JGPF(SD)感想

あっという間にファイナルが終了してしまいました。
ここからは怒涛のナショナルウィーク!!

今回はジュニアのSDとシニアのFDだけ現地で観戦できたので
いろいろと感想ー。

【ジュニアSD】
・パーソンズ/パーソンズ
試合前からかなり周囲をナーバスな顔でうろうろしていた二人。
とてもかわいらしかったです。
今まで映像で見ていたよりもエッジが深い印象でした。
非常に若若しくて、いかにもジュニアの爽やかな感じが良かったです。
ミッドラインなどはもう少し合わせてほしいなぁ。
パターンは、組んだ姿勢が不自然というか、妹ちゃんがちょっと動きにくそうな
感じを受けました。身長差あんまりないから大変そうだなぁ。
練習の時からちょっとツイズルが上手く言ってなかったですが本番は二人が近づきすぎて転倒。
相当緊張していたように見えて、おそらく実力が発揮できなかったと思うので残念だー。

・ナザロワ/ニキーチン
こちらもかなり緊張していた様子のナザロワちゃん。
練習の最後にはかなり頻繁にクロスにキスをして心を落ち着かせていました。
しかし出てきた瞬間思わず目が行く華やかさがありました。身長もあるしな。
ニキーチン君は思っていたよりもずっと上手でした。
どこがクイックステップなのかよくわからない楽しげな音楽ですが、とりあえず
最初のぶんぶん振付が可愛いのはさすがズーリンと申しましょうか。
ズーリン先生は思いっきりお尻を突き出した姿勢で見ておられました。オレグ乙。
滑りが大きく、パターンも大きくていいんですがエッジコントロールができているかというと
そのあたりがまだまだ。でもツイズル失敗しなかったー!
その後のパターンはかなり荒かったというかキーポイントどころではない印象でした。
なぜこんな焦らす音楽で。
ミッドラインあたりは滑りが美しいので、フリーレッグ綺麗に合わせてほしいなぁ。
リフトは大きくて迫力がありますが、もう少し勢いを持たせられると良かった。
最初飛ばし過ぎたのと緊張で消耗が早かったと思われるー。
しかし実物ナザロワちゃんはもう輝くばかりの美少女でありました。いやー可愛かった。
ズーリンのところで落ち着いてしっかり指導してもらったら、かなり伸びそうなんだけどなぁ。

・ポポワ/ブラセンコ
二人ともものすごくスタイルの良いカップルでした。知ってたけど。
ポポワさん足の形が綺麗だー。
パターンはフリーレッグまでしっかり気を使っているのがよくわかりました。
ジャンピンジャックでしたが荒くならなかったのも良かった。ポポワさんうめえ!
途中で「ああテッサ達のSDも生で見たかった」と思わず思ってしまいましたが
なかなか素敵なサーキュラーでした。途中からブラセンコ君が変なことになってましたが。
そしてツイズルもブラセンコ君が微妙にバランス崩したりしてましたが
壊滅的な失敗にはならず。
力関係がポポワさん>ブラセンコ君っぽいのが面白かったです。

・マクナマラ/カーペンター
かーわーいーいー。二人とも可愛い!
衣装も大変可愛らしくて似合っていました。
大柄なカップルではないですが、滑りだすとスピードがあって軽やか。
振付で入れているスピンがとても上手でした。
ミッドラインは特に前半良く揃ってた。
選曲に関しては、昨季ポルカを聞きまくっていたせいもあって
これでいいのか非常に違和感。
ツイズルは最後だけちょっとずれましたが早さがありました。
というかすべてのエレメンツにスピードがあって、あっという間に終わってしまった印象です。
この二人の何がすごいってこれだけ滑りが上手でまだ14歳と17歳。
相当有望な二人であります。

・ハワイェク/ベーカー
前の二人とちょうど3歳ちがいで、随分大人っぽく見える2人。
練習の時からツイズルがとても上手で目を引いていました。
滑りも北米らしい柔らかさがあって、きちんとクイックステップのパターンらしさが
出ていました。(もともとあんまりクイックじゃないよなぁ)
エッジがわかりやすくて良かったんですがレベルはあんまり取れてなかったなぁ。
ミッドラインは曲の雰囲気に合っていて素敵でした。
最後アップテンポになりますが、きちんと最後まで体力が残っていて
勢いよくリフト→フィニッシュまでいくことができました。良かった。
どのエレメンツも良質でした。
パスクァーレもアンジェリカも来てくれていましたが、演技中目の前でパスクァーレが
左右に移動しまくっていて非常にめいわ…いや楽しかったです。
アンジェリカはやはり美しかった。

・ヤノフスカヤ/モズゴフ
でっかい!思っていた以上にでっかい!モズゴフでっかいよ!
上半身のメリハリのつけかたがニック路線だなぁと思いました。
ヤノフスカヤさんは足首が私の手首くらいだったよ!美脚突き抜けてるよ!
体もでっかいですが滑りもやっぱりでっかくて良かったです。
他のカップルと同じパターンとは思えないでっかさでした。
踊りすぎなリッツの夜でフリーレッグも綺麗。
ツイズルも早くてしかもよく揃っていました。素晴らしい。
リフトはぐるぐる大迫力。ミッドラインもよく動けておりました。
きちんとSB出ましたが、間違いなく今季一番良い出来だったと思います。
今季のジュニアではずば抜けている気がする二人ですが、
相変わらず「まだシニアにはあがりたくない」しかしながら「(ブキンジュニア達に)JW優勝したんだから
シニアにいきたまへ」と言っている二人は来季どうするつもりなのかも気になるところです。
スポンサーサイト



2013
10
15

JGPF進出カップル決定ー

ちょっとまとめる時間がなくて飛び飛びになっておりますが
JGPSは最終戦まで実施され、上位6組のJGPF進出者が決定しました。

今季のファイナルもシニアと共に、日本の福岡で開催される予定になっています。

JGPFスタンディング(最終)
http://www.isuresults.com/events/jgp2013/jgpsdance.htm

1 Anna YANOVSKAYA / Sergey MOZGOV RUS 15 15 30
2 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 15 15 30
3 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA 13 15 28
4 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO RUS 13 15 28
5 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 13 13 26
6 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 13 13 26

ロシア2組、アメリカ3組、ウクライナ1組となっております。
昨季は北米勢がアメリカ1組(アルドリッジさん達だけ)だったことを考えると
けっこう勢力図が大きく変わっている気配。
また、今季のファイナルにはユース五輪で活躍した組が入っています。
この世代がジュニアのトップに来る時期になったんだなぁ。

昨季から連続での出場になったのはヤノフスカヤさん達だけでした。
昨季ファイナルに残ったコシギナちゃん達は1戦目の結果も内容も良くなかったので
2戦目もらうこともできませんでした。(というかロシアがJGPS1戦目誰も派遣してなかったのがそもそも…)
ナショナルまでに立て直してきてくれるといいなぁ。

優勝はおそらくヤノフスカヤさん達になるんじゃないかなぁとは思うんですが
今季のJGPFはフレッシュな面子になっていて、しかも個性的でかわいい子達ばかりなので
とても楽しみです。

個人的にはマイエンジェルのアレクサンドラ・ナザロワ嬢がとうとうファイナル進出してくれたので
舞い上がっているところであります。やったー!

y_2455ec6b.jpg
2013
09
21

JGPS第4戦ポーランド大会SD結果と動画リンク

2戦目のチームも多くなってきました。
今度こそ、JGPF一番乗りが出てくる予定です。

【SD結果】
http://www.isuresults.com/results/jgppol2013/SEG005.HTM

1 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 62.58 33.99 28.59 7.14 6.82 7.29 7.25 7.21 0.00 #13
2 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 55.61 29.42 26.19 6.50 6.32 6.43 6.82 6.61 0.00 #4
3 Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS 54.55 29.36 25.19 6.29 6.11 6.39 6.36 6.32 0.00 #9
4 Brianna DELMAESTRO / Timothy LUM CAN 54.47 30.49 23.98 5.96 5.71 6.14 6.14 6.00 0.00 #18
5 Evgenia KOSIGINA / Nikolai MOROSHKIN RUS 53.11 27.93 25.18 6.43 6.18 6.32 6.25 6.29 0.00 #1
6 Elliana POGREBINSKY / Ross GUDIS USA 50.60 28.21 22.39 5.64 5.39 5.71 5.68 5.57 0.00 #10
7 Melinda MENG / Andrew MENG CAN 47.55 25.86 21.69 5.39 5.21 5.46 5.43 5.57 0.00 #8
8 Olivia SMART / Joseph BUCKLAND GBR 46.43 25.42 22.01 5.50 5.25 5.46 5.68 5.57 1.00 #5
9 Yue ZHAO / Chang LIU CHN 43.36 22.28 21.08 5.39 5.07 5.39 5.25 5.25 0.00 #17
10 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA 41.71 20.71 21.00 5.11 4.93 5.43 5.46 5.29 0.00 #15
11 Natalia KALISZEK / Yaroslav KURBAKOV POL 41.07 21.71 19.36 4.86 4.50 5.04 4.96 4.82 0.00 #7
12 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE 41.01 20.51 20.50 5.21 4.89 5.18 5.21 5.11 0.00 #12
13 Eugenia TKACHENKA / Yuri GULITSKI BLR 40.88 24.78 16.10 4.07 3.75 4.14 4.14 4.00 0.00 #16
14 Myriam GASSOUMI / Clement LE MOLAIRE FRA 36.85 18.93 17.92 4.46 4.29 4.57 4.61 4.46 0.00 #20
15 Florence CLARKE / Tim DIECK GER 35.24 18.08 17.16 4.29 4.00 4.39 4.43 4.32 0.00 #3
16 Joanna ZAJAC / Cezary ZAWADZKI POL 34.50 19.28 15.22 3.86 3.50 3.93 3.89 3.82 0.00 #14
17 Polina GORLOV / Eduard VISHNJAKOV GER 32.05 16.57 15.48 3.93 3.64 3.96 4.00 3.82 0.00 #6
18 Beatrice TOMCZAK / Damian BINKOWSKI POL 31.80 18.28 14.52 3.71 3.43 3.64 3.79 3.57 1.00 #11
19 Marina ELIAS / Denis KORELINE EST 30.68 16.15 14.53 3.71 3.32 3.75 3.71 3.64 0.00 #19
20 Slavyana TSENOVA / Egor ZAYTSEV BUL 29.66 15.50 14.16 3.64 3.39 3.64 3.54 3.50 0.00 #2

SD1位はアメリカのホワイエク/ベイカー
2位はウクライナのナザロワ/ニキーチン
3位はロシアのロボダ/ドロズドとなっております。
ロシアのコシギナちゃん達は5位。どした…。

ホワイエクさん達は、前回の試合からさらに点数を伸ばしてきました。
きちんとTESが伸びてきてるのが大変良い感じです。
ホワイエクさんの表情がやたら神妙なのが気にならなくもないですが(笑)
とてもクリーンなスケートで良い出来でした。衣装も素敵。
FDも素敵なアメリだったし、結構差があるので1位を守ってファイナル進出決定
できるんではないかなぁと思います。

そしてやっとナザロワちゃん達がキター
とにかくナザロワちゃんが可愛いです。
170センチで長身なんですが、がっちりしてなくて本当に可愛らしい。
微妙にニキーチン君に比べて滑りが遅れちゃったりしてますがそれも可愛い。
相変わらず安定感がなくて、最後の最後にミスってますがそれも可愛い。とにかく可愛い。
彼女の魅力が良くわかるSDを作ってくれたのはどなただい?と思ったらペチュホフさんでした。
以前からちょこちょこスポットでズーリンの指導を受けていたようですが
今季から正式にコーチの名前がズーリンとオレグになっておりました。
とても良いカップルに育ってきているので、これからにも期待できそうです。
ということはルニン君と同じチームということなのだな。

クイックステップは、前々からあんまりクイックステップっぽくない課題だよなぁと思ってたんですが
やっぱりクイックステップぽくない気がします。
でも「上手いなぁ」と思ったカップルがしっかりレベルも取れているので、わかりやすい?
のかもしれない(見る側としては)

ロボダさん達、前回はノーマークでほんとすみませんでした、という感じです。
全開より危なっかしいところもありましたがやはりお上手でした。
昔のズロビナちゃん達にちょっと雰囲気が似ている。

コシギナちゃん達は、衣装が黄色で目立ってましたが
プログラムははっきり申し上げて非常に微妙。
エレーナ達も同じ曲を使いますが、あんまりこっちの課題にはフィットしないというか
そこでぶっちぎってまた使うか?という感じでいまいちピリッとしませんでした。
演技内容も何か所かグダグダになってしまって、さすがに点が出ないかなぁと
言う気がします。
テストスケートでも転倒してたり、ちょっと不安だったりするんですが
FDは頑張って彼らのスケートを見せてくれるといいなぁ。

バックランド弟組は(も)踊るリッツの夜でしたが、なんとなく個性的で良かったです。
もうちょっと技術的なものがついてくれば点数もあがりそうなんだけどなぁ。







まったく更新が追いつかないスピードで全てが進んでおります。
この大会、上位の動画しか見られてないのであります。
そして今日はもう次の試合だとう…?

【最終結果】
1 Anna YANOVSKAYA / Sergey MOZGOV RUS 143.39 1 1
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 131.10  2 2
3 Holly MOORE / Daniel KLABER USA 123.91  4 3
4 Kristina BAKLANOVA / Andrei BAGIN   RUS 123.60  3 6
5 Rebeka KIM / Kirill MINOV KOR 121.50  5 4
6 Carolina MOSCHENI / Adam LUKACS HUN 119.49 7 5
7 Mackenzie BENT / Garrett MACKEEN CAN 118.65 6 7
8 Ria SCHIFFNER / Julian SALATZKI GER 113.11  8 8
9 Valeria GAISTRUK / Alexei OLEJNIK UKR 106.41  9 11
10 Yue ZHAO / Chang LIU CHN 103.80 10 12
11 Sara GHISLANDI / Giona Terzo ORTENZI ITA 103.21 12 9
12 Lauren COLLINS / Danny SEYMOUR CAN 102.71 11 10
13 Leah STEFFAN / Benjamin STEFFAN GER 91.54 14 13
14 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD FRA 89.61 15 15
15 Mathilde DIAS / Jean-Denis SANCHIS FRA 87.98 17 14
16 Katerina KONICKOVA / Matej LANG CZE 87.94 13 16
17 Christine SMITH / Simon EISENBAUER AUT 83.49 16 17
18 Sarah VADSKJAER GRAPEK / Malcolm JONES DEN 76.08 18 19
19 Charlotte DYSON / Paul DREDGE GBR 75.89 19 18
20 Laura ABTS / Maarten BUCKENS BEL 66.01 20 20


【ジャッジスコア】
SD FD

優勝はロシアのヤノフスカヤ/モズゴフ
2位はアメリカのパーソンズ
3位もアメリカのムーア/クレーバーでした。
あれ?ベント/マッキーンは…7位?!
ということで色々とびっくりな試合になりました。

何がびっくりってまずモズゴフ君が覚醒というか素が出てるというか、
昨季から似たテーマが続いて、似たプログラムの多い今季SDの中で
なんとも個性の強い感じのプログラムに仕上がっております。なんだこりゃ(笑)
そしてFDは「梅と薔薇」で大人っぽい美しいプログラム。
レベルも今の時点としてはかなりしっかり取れておりました。
予定通り(?)今季はジュニアチャンプをしっかり狙えそうな勢い。



プログラムはよく見ると普通なのにやたら変な感じがする不思議なSD


こっちは普通に素敵なFD

パーソンズは、ものすごく上手くなったーーーーーーー!!
というより、昨季上手くなっていたけどジュニアワールド出られなくて披露する場がなかったというか…
とにかくとても良くなっていました。
特にSDは若さあふれるプログラムで、軽快でとても良かったです。
クイックステップうまー!と思ってたら初戦にしてYYYYYY!!
FDは清らかしっとり系。こちらもなかなか素敵でした。



ムーア/クレーバーは女の子が膝にサポーターをしてましたがよく頑張ったー。
他の組に比べるとちょっとステップやつなぎの動き、スケーティングが甘い感じなので
レベルを上げてこれるといいなぁと思います。

動画全部見られないなぁ…と思ってたんですが思わず見ないわけにはいかないこの衣装
そしてプログラムは



どうなってるんですかズーリン先生!
衣装がカーチャとパパンだよ!音楽がレクター博士のワルツだよ!と
どこかで見た感ムンムンですが、いろんな先入観を振り払えば素敵といえば素敵。
このワルツは本当に素敵なので、(今季はシングルでも使われてますが)
これからたくさんのカップルが普通に使っていきそうです。

当然表彰台には乗るであろう、と思われていたベント/マッキーンは、SDもFDも特別大きなミスが
あったというほどではないんですが、レベルの取りこぼしがちょろちょろあったのと
やや元気がなかったかなぁ、という感じ。
SDはともかくやっぱりFDはジャッジからの評価もあまりよろしくないというのがハッキリしてきた気がします。
総合7位だと、前の試合が1位でもファイナル進出はかなり厳しいかなぁという感じです。

今回かなり目を引いたのがハンガリー組。
バーバラ(+シュピルバンド)門下で、TESをしっかり取れているのに加えて、
なかなか個性もありそうで楽しみです。
髪型がまるでエレクのようではないか…。



ISUさん作成の再生リストはこちら
2013
09
12

JGPS第3戦スロバキア大会アイスダンス見どころ

あっという間に3戦目
もうファイナル決定組が出そうです。早いよー

【エントリー(SD滑走順)】
http://www.isuresults.com/results/jgpsvk2013/SEG007.HTM

1 Mathilde DIAS / Jean-Denis SANCHIS FRA
2 Carolina MOSCHENI / Adam LUKACS HUN
3 Mackenzie BENT / Garrett MACKEEN CAN
4 Charlotte DYSON / Paul DREDGE GBR
5 Sara GHISLANDI / Giona Terzo ORTENZI ITA
6 Leah STEFFAN / Benjamin STEFFAN GER
7 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD FRA
8 Lauren COLLINS / Danny SEYMOUR CAN
9 Rebeka KIM / Kirill MINOV KOR
10 Anna YANOVSKAYA / Sergey MOZGOV RUS
11 Holly MOORE / Daniel KLABER USA
12 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA
13 Ria SCHIFFNER / Julian SALATZKI GER
14 Sarah VADSKJAER GRAPEK / Malcolm JONES DEN
15 Kristina BAKLANOVA / Andrei BAGIN RUS
16 Christine SMITH / Simon EISENBAUER AUT
17 Yue ZHAO / Chang LIU CHN
18 Valeria GAISTRUK / Alexei OLEJNIK UKR
19 Katerina KONICKOVA / Matej LANG CZE
20 Laura ABTS / Maarten BUCKENS BEL

前の試合、メキシコシティーは参加7組だったので、3倍近くになっております。ひゃー

優勝候補はロシアのヤノフスカヤ/モズゴフと
カナダのベント/マッキーン。ベントさん達は、すでに第1戦のラトビア大会で
優勝しており、この大会で早くもJGPFへの進出がほぼ決まりになる可能性があります。
(2位以内なら確定だと思う)
ヤノフスカヤさん達は、昨季JGPSでやや出遅れ感があったので、今季は最初から
飛ばして行ってくれるといいなぁと思います。がんばー
表彰台争いをしそうなのはアメリカの2組と、ロシアのバクラノワさん達にも
頑張ってほしいところです。

今季はSDがちょっと同じようなプログラムばかりになってしまっているので
変わったプログラムが出てこないかなぁと期待しております。

Information

さば

Author:さば
Good luck Elena and Nikita !!

Calendar

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Search

QR-code

QR