FC2ブログ
これでGPS終了、GPF進出者が決定いたしました。

【最終結果】
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA 178.48 1 1
2 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS 156.62 3 2
3 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 154.56 2 3
4 Nicole ORFORD / Thomas WILLIAMS CAN 130.10 4 4
5 Cathy REED / Chris REED JPN 124.46 5 5
6 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 122.80 6 6
7 Xintong HUANG / Xun ZHENG CHN 119.56 7 7
8 Xiaoyang YU / Chen WANG CHN 108.28 8 8

【FD結果】
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA 108.62 51.07 57.55 9.50 9.46 9.64 9.61 9.86 0.00 #8
2 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS 96.66 46.73 50.93 8.57 8.25 8.64 8.57 8.57 1.00 #6
3 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 93.72 45.44 48.28 8.07 7.82 8.18 8.14 8.18 0.00 #7
4 Nicole ORFORD / Thomas WILLIAMS CAN 80.34 40.88 39.46 6.61 6.50 6.57 6.64 6.61 0.00 #5
5 Cathy REED / Chris REED JPN 76.13 37.48 39.65 6.61 6.36 6.79 6.68 6.79 1.00 #4
6 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 76.08 36.73 39.35 6.61 6.36 6.68 6.57 6.71 0.00 #3
7 Xintong HUANG / Xun ZHENG CHN 73.57 38.24 35.33 5.96 5.79 5.96 5.93 5.86 0.00 #2
8 Xiaoyang YU / Chen WANG CHN 67.36 36.12 32.24 5.43 5.21 5.54 5.50 5.29 1.00 #1

シャオヤンさん達は、海のものっぽい衣装がなかなか素敵で良いです。
ツイズルはまずまず、だったんですがステップがどちらもあまりよろしくなかったー。
特に後半はがたっとスピードが落ちてしまったので、体力強化で
がんばってほしいなぁと思います。
あとサーペンタインリフトの最後のポジションはちょっと微妙かなぁ。

シントンさん達は、シャオヤンさん達よりも滑らかでスピードもあったかなぁと思います。
公式練習のときは彼の髪が爆発してたのに今日は普通でさみしかったです。
素敵なプログラムではあるんですが、ちょっとインパクトにかけるというか
これといって見所がないのがこれまたちょっとさみしい感じです。
昨季からちょっとシントンさんのボリュームが増しているのか
重たげに見えるのも気になります。
もともと滑りの良い組なので、ステップでその魅力を出していけると
いいなぁ。

ペニーちゃんたちは、ほとんど練習できていないことがわかっているので
まずはプログラムをしっかりこなしてくれれば、と思っていたんですが
想像以上に恐ろしいことに。
ツイズルはお互いミスが出てしまいました。
リフトはさすがの出来でもう何がなにやらわからないすごいポジション。
前半部分は結構壮大な音楽でニコラス君も情感たっぷり。
そしてミッドラインステップはよく揃っていたしエッジも良い感じでした。
アップテンポになってからちょっと体力がなくなってきたのか
足元が非常に怪しい感じに。
スピンは最後軸がほとんど作れないままになってしまいました。
そしてローテーショナルリフトがレベル1になってしまったのが痛かったー
でもバランス崩したから転倒にならなくて何より!
この後の予定としてはイギリスのナショナルが12月中にあって、その後
ユーロだと思うのでそこまでじっくり練習して滑り込んできてほしいです。

リード組は、BSの放送冒頭で昨年の衝突映像が流れて改めてゾッとしました。
よく乗り越えてがんばってきてくれたなぁ。
衣装はすごい色使いなんですが似合ってるところがさすがのキャシーちゃんであります。
今日は滑りも最初から滑らかでとてもよかった。
ツイズルはキャシーがちょっと遅れ気味でしたがまずまずオッケー。
リフトが相変わらず上手でとても良いアクセントになっていると思います。
昨季大変なことになったこのNHK杯で、良い演技を2本そろえることができて
本当に良かった!
プログラムも二人にとても似合っていると思います。

後半グループの5分間練習、いつもなら1番に飛び出してかっ飛ばしていく
私のかわいこちゃんの様子がおかしい…。
(昨季はかっとばしすぎてフェンスに激突して大変なことに)
ニックが肩を揉んだりずっと話しかけている様子で、なんか変だなぁと
この時点では謎だったのであります。

オーフォード組は、今日も昨日に引き続きのびのびと滑れていました。
もともとしっかりレベルを取るタイプの組で、今日も取れるところは
しっかり取ってきました。すばらしい。
そしてニコルちゃんの鮮やかな黄緑の衣装がまた素敵でした。
衣装で目立ってるせいもあるのか、彼女の動きのよさが非常に目立ちます。
今日はスピンもとっても上手でした。
20と21歳なので、実はシブタニズやエレーナ達よりも年上だったりしますが
若々しさが溢れる演技でとてもよかったです。

エレーナの体調不良の原因は「食中毒」だった模様で
こちらの記事によると、昼食を食べてから吐き気が止まらなかったようで
多分それが悪かったのではないかな、というモロゾフ先生の話であります。
二人とも日本食が好きで、ロシアでも日本でもよく食べているし
たまたま相性の悪いものを食べてしまったんではないかなぁと思います。

ちょっと元気の無い美しい表情から始まった演技でしたが
素晴らしい速さのツイズルを見せてくれました。
スピンあたりまで、一気にいくつかのエレメンツをやりますが
流れがとてもよかったです。
そしてサーキュラーステップは今日もとても深いエッジと良いバランスを
見せてくれました。
ヘイユー!あたりは、どうも前回ロシア杯で「きちんとリズムを刻んでいないから
減点対象ではないか」という指摘があったようで(IDCさんの情報)
おそらくそれの対策であろうと思われますが
なんとそのまんま音楽を被せるという力技!!びっくりした!!
セリフの強すぎるインパクトは多少薄まってますがますます何がなんだかわからないぞ!?
サムが死んだはずですがこのあたりはエレーナがかなりきつそうでありました。
ダイアゴナルはサーキュラーに比べるとちょっとふわふわしていた感じで
しっかりエッジが入っていなかったのかレベル2でした。
でもその後のローテーショナルもコレオリフトも全てちゃんとやりきりました。
本当に頑張ったなぁ…。
ニックは一呼吸おいてからガッツポーズ(笑)
今日はすごく頼もしかったです。ずっとエレーナを励まして元気付けておりました。
キスクラではホッとしたのときついのと両方だと思うんですが
涙のエレーナ。あああ体調悪くてもないてても美しいことよ…。
転倒のあったロシア杯はFD演技直前にナーバスになってしまったと言っていたので
今回は余計なことを考えずに演技できたのがある意味よかったのかもしれんなぁ。

プログラムのジャッジからの評価はロシアの時よりも高くなっています。
確かにスケートもとても良く滑っているし、トランジッションはセリフ部分以外
昨季よりもだいぶ濃くしてきているしパフォーマンスもノリノリでやってるし
コレオとインタープリテンションあたりはもう好みの問題なので何とも言えませんが
9点台出してるジャッジがかなりいるプログラム、であります。
あああああ点数が高いのは嬉しいし面白いから点数出すジャッジがいるのもわかるんですが
ちがうんだぁなんかちがうんだぁ、とむずむずしているところであります。

ただFDに関してはかなり手直しをしている最中ということなので
良い方向にいくように祈るばかり。
明日(今日)のエキシビションは今のところまだどうするか不明です。
昨季も出られなかったので今季は出たいだろうなぁと思うんですが
なにしろこのあとGPF→ナショナルと大切な試合が続くので
無理をするわけにもいくまい…。
とにかく吐き気が早く収まって、一刻も早く回復しますように。
こういう大変な状況でも頑張れた、というのが二人の自信になってくれるといいなぁ。

マイアとアレックスも、ロシア杯でアレックスにアクシデントがあって
大変心配でしたが、今日はとても綺麗な滑りでした。
樋口先生がおっしゃっていた通り素晴らしいスピンからスタート。
ツイズルも昨日よりも良かった!
相変わらず氷へのタッチがとてもソフトで、どういう仕組みなのか謎な二人ですが
もう少しステップでは伸びや深さを見せられるといいなぁと思います。
ちょっと最近浅めになっていてレベルをとれないことが多い気がします。
非常にもったいないです。
とても端正でクリーンなエッジなので、あとはスケール感をもっと出せれば…。
プログラムの全貌がやっと見られましたが、サユリの美しい音楽を上手く使っていて
なかなか素敵なプログラムだと思います。
ただインパクトで言うとやはりエレーナ達のほうがインパクトがありすぎる。
キスクラでは二人してまねき猫ちゃんと化しておりました。
君たちはどうしてそんなに可愛いんだ!
そしてオレグ先生がいきなり招き猫はたきおとしたりしなかったことに安堵。

メリルとチャーリーはさすがとしか言いようがない出来でありました。
一つ一つの動きのシャープさ、速さなどが段違い。
スケートアメリカからも本当に進化しておりました。
背中さわってからのツイズルも今日は昨日よりもさらに良かった。
カーンカーンに合わせてのリフトの動きもとても工夫されていました。
後半のステップはちょっと浅かったのがレベルにそのまんま出ておりました。
最後までスピードがまったく落ちず、最後にやっとポーズをとったのを見て
「あっチャーリーの衣装実は真っ黒じゃなかったんだ」と気付くレベル。
メリルはもともとすごく引き締まった体つきですが、この試合は特に
引き締まっていたように感じました。演技前は細いのにボクサーのような迫力。
PCSは彼らのなかでもかなり高くでたパターンでした。
SSは全てのジャッジが9.5で満場一致というこれまた面白いことに。
今季もエンジェルボイスなインタビューがNHK杯の会場に響きました。
本当に日本開催で常に良い演技を見せてくれる二人であります。
スポンサーサイト



シニアのグランプリシリーズもあっという間に最終戦を迎えました。
この試合でソチでのGPF進出者が決定します。
最後の舞台は日本の仙台です。

時間の都合上NHKでもストリーミングでもアイスダンスの表彰式が見られない可能性が高いので
どうにか後からNHkの動画サイトに出してくれないかなぁと祈っております。

【日程】※日本時間
11月23日(金・祝)
15:05- アイスダンスSD
16:45- 男子シングルSP
19:24- 女子シングルSP

11月24日(土)
12:00- ペアSP
13:50- アイスダンスFD/表彰式
16:00- 男子シングルFS
19:08- 女子シングルFS/表彰式

11月25日(日)
13:05- ペアFS/表彰式
15:50- エキシビション

【エントリー】
http://www.isuresults.com/results/gpjpn2012/SEG007.HTM

1 Cathy REED / Chris REED JPN
2 Nicole ORFORD / Thomas WILLIAMS CAN
3 Xiaoyang YU / Chen WANG CHN
4 Xintong HUANG / Xun ZHENG CHN
5 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR
6 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS
7 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA
8 Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA

優勝候補はなんといってもアメリカのデービス/ホワイト。
GPSの試合が最初と最後に振り分けられて、なかなか調整も大変だったと思いますが
Alex Wongさんの協力を得てSDの「ジゼル」をさらに輝くものにしてきたようです。
しかも二人にとって日本の会場はほぼホーム、というか常に良い演技をしている
ラッキープレイスでもあるので、ものすごい手拍子が巻き起こる予感がしております。

2位・3位を争うであろうと思われるのがアメリカのシブタニズとロシアのイリニフ/カツァラポフ。
前回のロシア杯でも同じ組み合わせでしたが、あの時はアレックスが演技中に
足を痛めてしまったことなどもあり、十分に実力が出せたとはとても言えない内容でした。
ロシアでの試合後すぐに来日し、日本を満喫してリフレッシュもできたと思うので
なかなか素敵そうなFD「サユリ」の全貌が早く見たいなぁと思います。
ただ日本にズエワも来ていたわけではないっぽいので、プログラム自体がブラッシュアップ
できているのかどうかそのあたりが気がかりといえば気がかり。
エレーナ達は、ロシア杯で2位に入っているので、この試合で表彰台に乗れば
GPFが見えてきます。
ロシア杯ではFDで転倒もありましたが調子は良さそうだったし、ロシアでの最終調整が
非常にうまく行ったとニックがインタビューで言っていたのできっといい感じ、だと信じております。
前回スタビスキー先生に指摘されていたあたり(SD冒頭)も変更しているのかどうか気になるところです。
メリル達もシブタニズもエレーナも日本と日本食をすでに満喫しまくっている様子。

我らが日本代表のリード組は、最初の滑走で登場です。
NRW杯ではとても良い演技を見せてくれて、ワールドのミニマムスコアをクリアしました。
この試合でもあの時以上の滑りで、ぜひぜひ頑張ってほしいです。
チャイトのところはヒーキンケネディさん達も調子良いし、FDは後半グループに入れるといいなぁ。

イギリスのクームス/バックランドは怪我からの回復が遅れたこと、さらにはハリケーンの影響などで
ほとんど練習できておらず、ロシア杯ではプログラムをやっと滑りこなしたぜー!ということだったようです。
あれから2週間ほどしか経っていないので、なかなか急に滑りこむというのも難しいですが
シーズン後半の大事な試合につながる演技ができるといいなぁと思います。
彼らもいつも日本大好き!と言ってくれていて本当に嬉しい。

中国はトップ2組とも参加してくれております。前の試合はどちらも満足のいく結果ではなかったと
思うので、日本で良い演技ができるように祈っております。
カナダのオーフォード/ウイリアムスはロシア杯でもなかなかの演技でしたが、FDではミスも出たし
やはりシニア初参戦で緊張もしていたと思うので、伸び伸びと彼ららしい演技を期待しています。

豊の部屋は、アイスダンスはやはりメリル達(外すわけにいかない)とシブタニズ(これまた外せない)と
リード組(絶対)がお呼ばれする可能性が高いかなぁ、と思います。
エレーナ達やペニーちゃん達も呼んだらきっと楽しそうなんで、いつか実現するといいなぁ。
2012
11
19

18th PAVEL ROMAN MEMORIAL 2012結果

動画が無いよー
新プロ見たいよー

【最終結果】
http://krasoolomouc.websnadno.cz/prm2012.pdf

1 Nailya ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI GER 148,24 1 2
2 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmytro DUN UKR 143,81 2 1
3 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 136,33 3 3
4 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS LTU 127,97 4 4
5 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK 126,04 6 5
6 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN CZE 123,05 5 8
7 Louise WALDEN / Owen EDWARDS GBR 118,15 10 7
8 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES HUN 117,90 9 9
9 Henna LINDHOLM / Ossi KANERVO FIN 117,08 7 11
10 Allison REED / Vasili ROGOV ISR 115,54 12 6
11 Federica BERNARDI / Christopher MIOR ITA 113,30 11 10
12 Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN 110,00 8 14
13 Dora TUROCZI / Balazs MAJOR HUN 107,04 13 12
14 Katharina MULLER / Justin GERKE GER 102,59 15 13
15 Natalia KALISZEK / Michal KALISZEK POL 91,54 14 15
16 Emanuela PORTER / Bruce PORTER AZE 67,25 16 16
17 Tamara TUROCZI / Daniel MAJER HUN 61,92 17 17

【SD結果】
1 Nailya ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI GER 60.58
2 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmytro DUN UKR 55.67
3 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 52.79
4 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS LTU 51.21
5 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN CZE 50.24
6 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK 49.57
7 Henna LINDHOLM / Ossi KANERVO FIN 48.49
8 Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN 46.55
9 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES HUN 45.46
10 Louise WALDEN / Owen EDWARDS GBR 45.12
11 Federica BERNARDI / Christopher MIOR ITA 43.64
12 Allison REED / Vasili ROGOV ISR 41.91
13 Dora TUROCZI / Balazs MAJOR HUN 39.88
14 Natalia KALISZEK / Michal KALISZEK POL 39.69
15 Katharina MULLER / Justin GERKE GER 37.74
16 Emanuela PORTER / Bruce PORTER AZE 27.96
17 Tamara TUROCZI / Daniel MAJER HUN 23.63

【FD結果】
1 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmytro DUN UKR 88.14
2 Nailya ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI GER 87.66
3 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 83.54
4 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS LTU 76.76
5 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK 76.47
6 Allison REED / Vasili ROGOV ISR 73.63
7 Louise WALDEN / Owen EDWARDS GBR 73.03
8 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN CZE 72.81
9 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES HUN 72.44
10 Federica BERNARDI / Christopher MIOR ITA 69.66
11 Henna LINDHOLM / Ossi KANERVO FIN 68.59
12 Dora TUROCZI / Balazs MAJOR HUN 67.16
13 Katharina MULLER / Justin GERKE GER 64.85
14 Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN 63.45
15 Natalia KALISZEK / Michal KALISZEK POL 51.85
16 Emanuela PORTER / Bruce PORTER AZE 39.29
17 Tamara TUROCZI / Daniel MAJER HUN 38.29

優勝はドイツのジガンシナ/ガジ
2位はウクライナのヒーキンケネディ/ドゥニ
3位はイタリアのギニャール/ファブリ
そして4位に怪我からの復帰戦となったリトアニアのトビアス/スタグニウナスが入っています。

ネッリ姉ちゃん達は、出たからにはさすがに優勝だろうとは思うんですが
なんとFDでは素晴らしい点数のヒーキンケネディさんのところが1位!すごいー
チャイト先生のところはしっかりレベルをとって、堅実な演技ができているのがすばらしいのであります。

イザベラちゃん達は復帰戦ということで、とりあえず試合に出られるまでには回復したようで
なによりであります。今季は五輪枠のかかった大事なシーズン。
市民権の件もあるし、きっとワールドですんなりと枠をとっておきたいだろうと思います。頑張ってー
また、この試合でテスタ/チェーレイが新たにワールドFDのミニマムスコアをクリアしております。
SDはまだだった気がするのでこちらも皆さん頑張って!
久々にツイズルで緊張する試合展開に!

【最終結果】
http://www.isuresults.com/results/gpfra2012/CAT004RS.HTM

1 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT FRA 168.90 1 1
2 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 153.26 2 4
3 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO RUS 146.03 3 3
4 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 145.23 4 2
5 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV AZE 140.30 5 5
6 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 135.86 6 6
7 Ekaterina PUSHKASH / Jonathan GUERREIRO RUS 128.26 7 7
8 Pernelle CARRON / Lloyd JONES FRA 120.23 8 8

【FD結果】
http://www.isuresults.com/results/gpfra2012/SEG008.HTM

1 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT FRA 100.42 47.84 53.58 8.93 8.71 9.00 9.04 9.14 1.00 #8
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 88.69 44.61 44.08 7.46 7.14 7.39 7.54 7.32 0.00 #5
3 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO RUS 87.80 41.38 46.42 7.93 7.43 7.79 7.79 7.93 0.00 #6
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 87.08 38.85 50.23 8.36 8.04 8.46 8.64 8.61 2.00 #7
5 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV AZE 85.54 42.22 43.32 7.11 7.04 7.29 7.39 7.43 0.00 #4
6 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 83.87 42.29 41.58 7.00 6.64 6.96 7.14 7.11 0.00 #3
7 Ekaterina PUSHKASH / Jonathan GUERREIRO RUS 78.38 38.54 39.84 6.82 6.36 6.75 6.75 6.68 0.00 #2
8 Pernelle CARRON / Lloyd JONES FRA 71.88 33.37 39.51 6.64 6.43 6.61 6.64 6.71 1.00 #1

【ジャッジスコア】
FD

優勝は地元フランスのペシャラ/ブルザ
2位はイタリアのカッペリーニ/ラノッテ
3位はロシアのリャザノワ/トカチェンコでした。

この結果でペシャラ/ブルザと、おそらくカッペリーニ/ラノッテもGPF進出であります。
おめでとー

割とディダクションの多い試合になりました。
ナタリー達は地元の大声援の中、彼ららしい演技。
やっぱり今季の他のFDに比べて、軽い感じのプログラムではあるんですが(題材が題材なので)
特にファビアンのちょっと気の抜けたような雰囲気にとても合っていて
とても良い感じになってきました。
前回までのナタリーの黒パンツは衣装の生地と同じような色合いに。
こちらの方が自然なんですがちょっとさみしい(笑)
リフトもステップも、どんどん流れが良くなっているんのでプログラム自体も
とてもスムーズで落ち着いて見ていられるように。
今回はツイズルでナタリーがちょっと遅れたのでレベル取りこぼしてますが、それ以外は
レベルもしっかり取れておりました。
ディダクションが無ければSBだったなぁ。
直前に演技したラノッテ君が盛大にツイズルでこけていたので、勝手にドキドキしてましたが
ファビアンは大丈夫でした。なにやら最近ツイズルを自分のものにしたらしいです。マジか。

アンナちゃんとラノッテ君は、冒頭のかっこいいツイズルで久々の大きなミス。
ラノッテ君が見事にすってーんと行ってしまいました。
ちょっとその後のリフトのタイミングがいつもと違ってしまったり
ステップもスピードがなかったり影響が出てしまったかなぁと思います。
それでもアンナちゃんもしっかり踏ん張っていたし、ラノッテ君もいつも以上に
表現力を爆発させており本当に素敵なカルメンでした。
ここのところ大きなミスがなかったので、ここで厄を落としたにちがいないぜ!
ツイズルがノーカン、ステップも取りこぼしていたのでTESがおそろしいことになり
FDは4位であります。

リャザノワ達は大きなミスはなかったんですが、意外と取りこぼしが多くTESが伸びず。
ステップはともかくスピンは割と取りこぼし多いので気を付けてー。
ツイズルはなんでレベル取れてないのかもう一回見ないとわからない出来でした。
あとコレオリフトのマイナスもよくわからない…。
今日もとても美しくかっこいい二人でしたが、やはりもう一押しなにか欲しいプログラム。
衣装を変えて何かコンセプトをつけるとかやってみてもいいんではないかなぁと思います。
GPSは両方とも表彰台に乗るすばらしい成績だったんですが、それでも3位-3位だと
ファイナルは厳しいのであります。うう。
ゴルシコフ先生は今日は黒いジャケット、シュピル先生もスーツだったので
まずまずのゴッドファミリーでありました。

マディソンとザックはとにかくレベルの取りこぼしが一切ないのが素晴らしい!
基礎点ナンバーワンであります。
ステップとても上手なので、もうちょっと長く主張してくれてもいいのになぁと思います。
あとマディソンがちょっと大きくなったのか衣装のせいなのか、ややリフトが重たげに見えました。
FDだけなら2位!
SDよりも差を縮めたものの表彰台には届かず。惜しかったです。

パイパーとポワリエ君は、今日も上手かったー。
ただツイズルはけっこうバラバラしてしまってレベル取れず。
しかしリフトの独創性とスムーズさが光っておりました。
やっぱりもうちょっと点出てほしいなぁと思うんですが、ちょっと荒削りすぎるのか?

プシュカシュさん達は今日はレベルはまずまず取れていたんですが
やはりこの大会の中ではちょっとつなぎの動きが少なかったり足元が薄かったり
ステップの未熟なところが目立ったかなぁという気がします。
プログラムも衣装も素敵ではあるんですがもうちょっと洗練されてくるといいな。
ペルネルさん達はわかりやすく後半に行くにつれてどんどんジョーンズ君が
元気なくなってきました。スピンは残念だった…。
SDもFDもものすごく素敵なプログラムで、二人にもとても似合っていると思うので
なんとか体力強化してユーロあたりでよい仕上がりを見せてほしいです。

残すはついに最後の1戦、NHK杯のみとなりました。
実はここまでロシア勢はすべての試合で表彰台に乗っております。
エレーナ達がNHK杯で表彰台に乗ればコンプリートだな!

Information

さば

Author:さば
Good luck Elena and Nikita !!

Calendar

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

QR-code

QR