FC2ブログ
世界一過酷なジュニアナショナルはロシアのアイスダンスであります。
ここ数年非常にレベルが高くなっているロシアのジュニア勢。
世界ジュニアの枠はもちろん3つありますが、3つじゃたりない勢いというのも続いております。
会場は昨季まで連続でシニアのナショナルを開催していたモルダヴィア共和国のサランスク。
交通は不便なようですが、すっかりおなじみになってきた会場です。


【日程】※現地時間(日本との時差-4h)
2月1日(金)
14:00-16:30 男子シングルSP
16:50-17:20 オープニングセレモニー
17:35-19:15 ペアSP
19:30-21:15 アイスダンスSD

2月2日(土)
14:00-16:45 女子シングルSP
17:00-19:45 男子シングルFS
20:00-22:00 アイスダンスFD

2月3日(日)
12:00-15:00 女子シングルFS
15:15-17:15 ペアFS
17:45- 表彰式

【エントリー】
http://www.fskate.ru/results/tour/1164.html

Kristina BAKLANOVA / Andrei BAGIN
Ekaterina BOCHAROVA/ Anton SHIBNEY
Anastasia VORONKOVA / Nikita TRUSHKOV
Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN
Valeria ZENKOVA / Valeri SINITSIN
Evgenia KOSIGINA / Nikolai MOROSHKIN
Valeria LOSEVA / Denis LUNIN
Daria MALAEVA / Vladislav ISHIN
Daria MOROZOVA / Mikhail ZHIRNOV
Betina POPOVA / Yuriy VLASENKO
Maria SIMONOVA / Dmitriy DRAGUN
Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN
Elizaveta TRETIAKOVA / Alexander SAVIN
Eva KHACHATURIAN / Igor EREMENKO
Anna YANOVSKAYA / Sergey MOZGOV

優勝候補はJGPFを制したステパノワ/ブキン。
昨季はシニツィナ/ジガンシンと競っていましたが、今季はちょっと抜けた感があります。
SDのブルースはもちろんですが、FDのちょっと変わったアレンジのボレロは
シーズンが進むにつれて味のある良いものになってきています。
彼らはほぼ代表になるのは確実であろうと思われますが、表彰台争いは非常に熾烈です。
シュピルバンド先生効果で今季ものすごい復活っぷりをみせてくれているコシギナ/モロシキン。
だんだん調子上がってきたよー、という感じの昨季代表ヤノフスカヤ/モズゴフ
ズーリン門下のゼンコワ/シニツィンもFDの衣装を変えて随分いい感じに。
この3組で表彰台の残り二つを争うことになるのではないかと思います。

それに加えてシモノワ/ドラグン、ロゼワ/ルニン、モロゾワ/ジルノフなど
実力のあるカップルがたくさんおり、上位カップルもミスをすればわからない…というのが
一番恐ロシアなところであります。

昨季はJUSTINで一応ストリーミングがありましたが(音声ひどかった)
今季は今のところまだ不明です。動画は見られるといいなぁ。
スポンサーサイト



ユーロは新しいチャンピオンが誕生しております!おめでとー!

の前にちょっとポジティブなニュースが1つ。

年明けの練習中にファビアンが怪我をし、残念ながらこの試合を欠場していたペシャラ/ブルザですが、
昨日FD前にナタリーが記者会見を開き、
・ファビアンの怪我が順調に回復中であること
・2週間ほどで氷上での練習に戻れる見込みであること
・だから世界選手権にはでられるよ!

という発表をしてくれました。よかったー!
また、同時にロシアチームに激励コメントも出してくれていたようです。
( エレーナ達もカーチャ達も応援してるけど、エレーナ達にはより馴染みがあるから
がんばってーの記事がでておりました)
この大会どう見てもフランスチームの幸運の女神なナタリー。
試合が終わったら自分たちにその幸運を使おう!

【最終結果】

1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 169.25 1 2
2 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS 169.14 2 1
3 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 165.80 3 3
4 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO RUS 157.77 4 4
5 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 152.95 6 5
6 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI GER 147.28 7 6
7 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV AZE 144.83 5 10
8 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO GER 142.54 9 7
9 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 142.48 8 8
10 Pernelle CARRON / Lloyd JONES FRA 140.00 10 9
11 Irina SHTORK / Taavi RAND EST 132.90 14 11
12 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN UKR 129.36 11 13
13 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 127.59 12 12
14 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN CZE 124.62 13 15
15 Sara HURTADO / Adria DIAZ ESP 124.26 15 14
16 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES HUN 117.60 16 17
17 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK 114.62 19 16
18 Ramona ELSENER / Florian ROOST SUI 113.29 17 18
19 Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN 110.92 20 19
20 Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE GEO 107.26 18 20
21 Alexandra ZVORIGINA / Maciej BERNADOWSKI POL FNR 21
22 Charlotte AIKEN / Josh WHIDBORNE GBR FNR 22
23 Kira GEIL / Tobias EISENBAUER AUT FNR 23
24 Lesia VOLODENKOVA / Vitali VAKUNOV BLR FNR 24
25 Sarah COWARD / Georgi KENCHADZE BUL FNR 25
WD Allison REED / Vasili ROGOV ISR

【FD結果】
1 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS 100.16 47.08 53.08 8.89 8.64 9.00 8.89 8.96 0.00 #18
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 99.83 47.00 52.83 8.86 8.61 8.86 8.93 8.89 0.00 #16
3 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 99.27 47.99 51.28 8.36 8.29 8.71 8.75 8.86 0.00 #19
4 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO RUS 93.25 44.86 48.39 8.18 7.82 8.25 8.11 8.11 0.00 #20
5 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 92.36 47.15 45.21 7.54 7.32 7.68 7.61 7.68 0.00 #12
6 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI GER 87.20 41.08 46.12 7.36 7.36 7.86 8.04 8.14 0.00 #14
7 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO GER 86.00 44.91 41.09 6.86 6.64 7.00 6.93 6.96 0.00 #11
8 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 84.85 42.67 42.18 6.96 6.82 7.11 7.29 7.14 0.00 #13
9 Pernelle CARRON / Lloyd JONES FRA 84.15 41.21 43.94 7.32 7.04 7.43 7.61 7.43 1.00 #15
10 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV AZE 83.90 39.98 44.92 7.61 7.21 7.61 7.57 7.61 1.00 #17
11 Irina SHTORK / Taavi RAND EST 82.39 42.40 39.99 6.75 6.50 6.71 6.75 6.71 0.00 #9
12 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 76.80 39.88 36.92 6.25 5.96 6.25 6.29 6.14 0.00 #8
13 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN UKR 75.78 36.56 40.22 6.86 6.46 6.68 6.86 6.79 1.00 #10
14 Sara HURTADO / Adria DIAZ ESP 74.94 37.87 37.07 6.11 5.96 6.21 6.36 6.43 0.00 #6
15 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN CZE 74.10 37.30 37.80 6.43 6.11 6.36 6.32 6.39 1.00 #7
16 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK 69.79 38.54 31.25 5.21 4.93 5.43 5.36 5.32 0.00 #1
17 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES HUN 69.12 34.64 34.48 5.96 5.46 5.89 5.79 5.79 0.00 #5
18 Ramona ELSENER / Florian ROOST SUI 68.20 35.49 32.71 5.54 5.18 5.57 5.57 5.57 0.00 #2
19 Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN 66.63 35.85 30.78 5.21 4.89 5.21 5.32 5.18 0.00 #4
20 Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE GEO 62.32 31.93 31.39 5.46 5.00 5.39 5.21 5.21 1.00 #3

優勝はロシアのボブロワ/ソロヴィエフ!初ユーロチャンプおめでとう!
2位は超僅差で同じくロシアのイリニフ/カツァラポフ。初スモール金メダルおめでとう!
3位はイタリアのカッペリーニ/ラノッテ。初チャンピオンシップのメダルおめでとう!!!

それぞれ初めてのメダルが手に入り、とても嬉しい表彰台でした。

FDの1位はエレーナ達。
カーチャ達が(というかパパンが)相当緊張していて消耗激しかったのに比べると
上位の中ではエレーナ達は非常に調子良くいったんではないかなぁと思います。
このあたりは滑走順もあるし、なんだかんだで国内2番手のおいしいところでもある。
スピード感は相変わらずダントツで(ギニャールさん達もたいがい速かった)
ツイズルも高速でうまく行ったし、演技中にちょっと怪しいかな?と思ったのはスピンだけでした。
結局そのスピンが痛恨のレベル2だったーー。
プログラム自体の好みはともかく、スケール感やパフォーマンスという点では
PCSも出るだろうなぁ、というとても良い演技でした。
ダイアゴナルはレベル2でしたが、ステップについてはどの組も結構厳しめ判定されておるようです。
(みんな後ろのステップがあんまり踏めてなかったというのもある)
ユーロとの相性がやっぱりとても良いようで本当に嬉しいです。
初スモール金メダルおめでとー!
僅差で2位、というのもエレーナ達にとっては上を目指せるとても良い位置なのではないかなぁと思います。

FD2位はカーチャ達でした。グループの最初だったので「緊張する前に滑り切ってしまえ!」と
思っていたんですが、見ていてこちらが緊張するくらい緊張していたように見えました。
そりゃそうだよなぁ。
それでも大きなミスをしなくなった二人は、本当に強くなったなぁと思います。
GPFの転倒もあれもきっと大事なプロセスだったんだな。
前半はスピードがあったんですが、終盤のエレメンツでややスピードを失ったこと、
ナショナルあたりではうまく行っていたリフトに手間取ったことなどが惜しかった!
ダイアゴナルはナショナルの方が明らかにしっかり踏めておりました。
ファイナルのような勢いで転倒なしで行ければ、もっともっと点数が出るプログラムだと思うので
世界選手権では表彰台目指して頑張ってほしいです。

FD3位はアンナちゃん達。
とても美しく可憐で残酷なカルメン。本当に大好きなプログラムです。
直前のエレーナ達が100点を超えてたし、きっと緊張しているだろうなぁと思ったんですが
落ち着いて演技をスタートさせました。
ツイズルはリフトと手つなぎから入るものからちょっと難度を落としましたがスムーズで綺麗に。
ダイアゴナルでルカ君がスタンブルしてしまったのがもったいなかったー。
エレーナ達の後ということもあって、ちょっと慎重に見えてしまったのがPCSでの差になったかなぁという
感じがします。
ワールドはもっとガンガン攻めていってもいいと思います。
イタリアはユーロで3枠ゲットです。おめでとう!!

また詳しい感想は全米との恐怖のマラソン終了後に書きますが、全体的にとても見応えのある
試合だったと思います。某ジョン氏も呟いてましたが、最終前のグループは特にプログラムに工夫があって
ユーロらしい楽しさにあふれていました。

来季のヨーロッパ選手権の各国枠は

【3枠】ロシア、イタリア
【2枠】イギリス、ドイツ、アゼルヴァイジャン、フランス←ホッ

であります。ドイツは惜しかったなぁ。
すでに他カテゴリーの試合ははじまっております。
今季はオマハで開催の全米選手権。
日程はテレビ放送の関係でFSが分割スケジュール。
また、アイスダンスSDは最初の1時間がヨーロッパ選手権のアイスダンスFDと
重なっております。

【日程】※現地時間(日本時間-13h)
1月24日(木)
16:00-18:40 ペアSP
19:00-19:35 開会式
19:35-23:05 女子シングルSP

1月25日(金)
14:00-16:55 アイスダンスSD(日本時間翌5:00-7:55)
19:30-22:55 男子シングルSP

1月26日(土)
11:00-11:50 ペアFS前半
12:05-13:00 アイスダンスFD前半(日本時間翌3:05-4::00)
13:25-15:00 ペアFS後半
15:15-16:55 アイスダンスFD後半(日本時間6:15-7:55)/表彰式
17:45-21:55 女子シングルFS/表彰式

1月27日(日)
12:15-16:00 男子シングルFS/表彰式
19:30-21:30 エキシビション

【アイスダンスエントリー(滑走順)】
http://www.usfigureskating.org/leaderboard/results/2013/68390/CAT004SEG007.html

1 Katie Donaldson / Brock Jacobs
2 Kseniya Ponomaryova / Oleg Altukhov
3 Danielle Gamelin / Alexander Gamelin
4 Ginna Hoptman / Pavel Filchenkov
5 Anastasia Cannuscio / Colin McManus
6 Anastasia Olson / Keiffer Hubbell
7 Taylor Tran / Sam Kaplun
8 Madison Hubbell/ Zachary Donohue
9 Lynn Kriengkrairut / Logan Giulietti-Schmitt
10 Meryl Davis / Charlie White
11 Maia Shibutani / Alex Shibutani
12 Isabella Cannuscio / Michael Bramante
13 Madison Chock / Evan Bates
14 Alissandra Aronow / Collin Brubaker
15 Kristen Nardozzi / Nick Traxler

優勝候補は、というよりもよっぽどのことがないかぎり優勝は
全米4連覇中のデービス/ホワイトになると思われます。
今季もGPFでも勝利し4連覇。今季は特にSDのプログラムが出色の出来。
テッサたちがナショナルでおそろしい数の10点満点を量産していたので
こちらも同じように良い点が期待されます。

今季はロシア杯でのアクシデントなどもあり、ファイナルに残ることはできませんでしたが
シブタニズもやはり滑りの実力は抜き出ており、こちらもまず表彰台には
乗ってくるであろうと予想されます。
シブズのアカウントで素晴らしいオリジナルビデオ(ヒデオさん編集)を
披露してくれていましたが、NHK杯以降の彼らの進捗状況は
あまり伝わってきていません。ファイナルがなかった分集中して練習できていると
いいなぁと思います。
今のところプログラムの大きな変更はなさそうです。

熾烈なのは3枠目争い。4大陸選手権も世界選手権も3枠で、おそらくどのカップルが
3枠目でも上位に来てくれるとは思うんですが、国内の争いが激しいところです。
昨季世界選手権代表になったハベル/ドノヒューは、GPSでも良い演技を見せてくれて
いました。DSCはシニアのダンストップチームに怪我が相次いで心配なことになっていますが
彼らが良い演技で再び良い流れを作ってくれるといいなぁと思います。

また、チョック/ベイツは今季オフにシュピルバンド先生と共にカントンからノヴァイのリンクに
移っています。それほどたくさん試合に出られたわけではありませんが
SDもFDも印象に残るプログラムで、リフトなどもさすがという感じで工夫されています。
マディソン対決を今季こそ制したいところ。

さらには、クリン・クライルート/ジュリエッティシュミット。今季も彼ららしい
大人っぽいプログラムが非常に似合っており、コツコツと確実に技術点を重ねていく
彼らも、2季連続の表彰台、さらには代表入りを狙っているはずです。
うーんなんというレベルのたかさ。

他にもハベル兄ちゃん/オルソンさん、カヌーシオ姉妹組など、新結成のカップルも
実力があり、見逃せない全米選手権であります。
(カヌーシオ姉妹はパートナー変えてもすぐ全米出てこられるところがすごいなぁ)
バックステージでは、今季もタニスが(ベンジャミンさんも?)活躍してくれると思うので
そちらも楽しみにしています。みんながんばれー
上位はSB・PBばっしばし出ております。
非常に良い演技が多かったSD。

出場予定で現地入りもしていたイスラエルのリード(アリソン)/ロゴフ組は
ロゴフ君の具合が悪いとのことで棄権となりました。
また、2連覇中のフランス、ペシャラ/ブルザは大会前に発表されたとおり
ブルザの怪我により欠場です。
ナタリーはフランスチームの応援団長としてザグレブ入りしております。

ナタリー・ペシャラキャプテン関連動画



※フランスペア2組のキスクラに登場

【SD結果】
http://www.isuresults.com/results/ec2013/SEG007.HTM

1 Q Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 69.42 34.44 34.98 8.71 8.54 8.68 8.86 8.86 0.00 #21
2 Q Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS 68.98 34.29 34.69 8.75 8.43 8.79 8.75 8.64 0.00 #20
3 Q Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 66.53 32.86 33.67 8.32 8.18 8.50 8.54 8.50 0.00 #25
4 Q Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO RUS 64.52 33.43 31.09 7.79 7.61 7.89 7.82 7.75 0.00 #19
5 Q Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV AZE 60.93 31.64 29.29 7.36 7.04 7.43 7.39 7.36 0.00 #23
6 Q Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 60.59 32.01 28.58 7.11 6.86 7.32 7.29 7.14 0.00 #17
7 Q Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI GER 60.08 30.36 29.72 7.32 7.14 7.68 7.61 7.39 0.00 #24
8 Q Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 57.63 29.50 28.13 7.00 6.82 7.07 7.18 7.07 0.00 #26
9 Q Tanja KOLBE / Stefano CARUSO GER 56.54 30.22 26.32 6.50 6.25 6.82 6.57 6.71 0.00 #15
10 Q Pernelle CARRON / Lloyd JONES FRA 55.85 27.21 28.64 7.04 6.89 7.21 7.36 7.25 0.00 #18
11 Q Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN UKR 53.58 27.15 26.43 6.75 6.39 6.64 6.71 6.54 0.00 #14
12 Q Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 50.79 28.15 22.64 5.61 5.32 5.89 5.79 5.68 0.00 #13
13 Q Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN CZE 50.52 26.20 24.32 6.14 5.82 6.18 6.21 6.04 0.00 #10
14 Q Irina SHTORK / Taavi RAND EST 50.51 24.29 26.22 6.61 6.32 6.71 6.64 6.50 0.00 #22
15 Q Sara HURTADO / Adria DIAZ ESP 49.32 25.65 24.67 6.07 5.86 6.18 6.36 6.29 1.00 #16
16 Q Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES HUN 48.48 25.50 22.98 5.75 5.50 5.79 5.86 5.79 0.00 #2
17 Q Ramona ELSENER / Florian ROOST SUI 45.09 25.08 20.01 5.11 4.79 5.21 5.04 4.89 0.00 #1
18 Q Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE GEO 44.94 23.72 21.22 5.25 4.96 5.43 5.57 5.29 0.00 #9
19 Q Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK 44.83 23.64 21.19 5.29 5.00 5.39 5.50 5.29 0.00 #5
20 Q Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN 44.29 24.50 19.79 5.07 4.71 4.93 5.11 4.89 0.00 #8
21 Alexandra ZVORIGINA / Maciej BERNADOWSKI POL 44.25 24.07 20.18 5.18 4.79 5.18 5.07 5.00 0.00 #11
22 Charlotte AIKEN / Josh WHIDBORNE GBR 41.83 22.50 20.33 5.25 4.82 5.07 5.21 5.04 1.00 #12
23 Kira GEIL / Tobias EISENBAUER AUT 40.88 21.54 19.34 4.93 4.61 4.93 4.96 4.75 0.00 #7
24 Lesia VOLODENKOVA / Vitali VAKUNOV BLR 36.60 16.99 19.61 4.96 4.68 5.04 4.96 4.86 0.00 #4
25 Sarah COWARD / Georgi KENCHADZE BUL 34.16 18.21 15.95 4.07 3.82 4.04 4.21 3.82 0.00 #3
WD Allison REED / Vasili ROGOV ISR #6
SD→FDに進めるのは20組です。

【ジャッジスコア】
SD

SD1位はロシアのボブロワ/ソロヴィエフ
2位は僅差でこれまたロシアのイリニフ/カツァラポフ
3位はイタリアのカッペリーニ/ラノッテとなっております。

ロシア勢のユーロにおける強さが今回も発揮されております。
それぞれ非常に良い演技を見せてくれました。

1位のカーチャ達は、やはりパターンダンスがこのメンバーだとダントツで美しく
今回はナショナルに続いてレベルもばっちり。
ツイズルでカーチャがバランスを崩しかけてレベル3でしたが(それでも加点ついてる)
それ以外は安定して美しい滑りを見せてくれました。
ミッドラインではかなりの加点をもらっています。
このリンク、なかなか氷の質が良いようで、カメラワークもずっとちゃんと足元映ってるんですが
なぜかミッドラインの組だけ(一部)微妙な感じになるのだけが残念でありました。
演技後リンクを出て、得点が出ても微妙な顔をしてましたが
ツイズルが上手くいかなかったのが気になってたのかな?

エレーナ達はまちがいなく今季一番の滑りでした。
しかもお下げでした。最高です。
SSで一番高い評価をもらってますが、相変わらずのかっとばし具合で
あっという間に演技が終わってしまった印象であります。
パターンのレベルは4と3でまずまず。ワールドでは両方4が取れるように
頑張ってほしいなぁ。
こりゃガッツポーズ出るだろうと思っていたらガッツポーズでした。

アンナちゃん達は本当にかわいらしく楽しいプログラム。上位の中で
一番盛り上がってたんじゃないかなぁと思うんですが、今回はパターンのレベルが
どちらも3になってしまい、TESで差をつけることができませんでした。ぐぬぬ。
ただ点差は小さいし、ファイナルの時のようにステップでもレベル4を取ってくることができれば
十分に金メダルも狙える位置です。
彼らは世界ジュニアでスモールメダルをもらってますが(多分)
シニアのチャンピオンシップのスモールメダルは初めてだと思います。おめでとおおおお!

リャザノワ達は「ゴールデンスピン(同じ会場で開催された)」に出ていたのが良かった、と
本人たちが言っていましたが非常に落ち着いた演技で、彼らの実力を見せてくれました。
シュピルバンド先生効果かレベルのとりこぼし全くなし!基礎点ではトップでした。
ロシア3連続の中で最初でしたが、非常に良いスタートを切ってくれた二人であります。

ズロビナ/シトニコフは今季も評価を上げ続けていますが、ここでも非常に良い演技。
あんまり大きなミスを見てないなぁ。面白いプログラムなのに安心して見ていられるという
素晴らしい状態。
アゼルヴァイジャン代表ですが中身はロシア人ということで、FDの最終組は
ロシア人8人にイタリア人2人というなんともおそロシアな状況に。

ペニーちゃん達はちゃんと間に合った!今季は怪我でスタートが遅れてしまいましたが
きっちりユーロまでに調子を上げてきてくれました。よかったよーーーーー
エレーナ達もそんな感じですが、この二人もユーロと相性が良い感じがします。
FDもがんばってー

唯一のフランス勢で、ふんばりどころのペルネルさん達も、演技としてはとても良かったんですが
(すごく盛り上がってたし)
かなりもったいないレベルの取りこぼしがあり10位に。
ユーロの枠は少なくとも2つは持って行ってもらわないと困ります。素敵FDの素敵なところを見せるんだ!

また、今回非常に印象的だったのがトルコのアガフォノワさん達。
リンクサイドにズーリン?と思ったらデュボワ先生のところから移っていたようです。
トルコ代表ですがこちらも非常にロシアンな滑り。もともと上手なカップルでしたが
さらに上手くなっていたし、ウチャル君のエキゾチックな雰囲気が良く活かされたプログラムで
とても素敵でした。

ミニマムスコアをクリアしてほしかったカップルがクリアしていなかったりして
下位はちょっと厳しいところもありますが、上位は本当に良い演技の連続で、FDが非常に楽しみになる
内容でした。1日開くけどみんな好調維持して頑張ってー!

いよいよ今季もチャンピオンシップが開催されます。
ヨーロッパ選手権はクロアチアのザグレブで開催。
2008年のヨーロッパ選手権も同じザグレブで行われ、素晴らしい演技の数々が披露された場所であります。
少し前から悪天候が続いているようで、ヨーロッパ各国からの便が軒並み他の空港に降ろされていて
選手・関係者(おそらく観客のみなさんも)が足止めをくらっているという非常に心配な状況になっております。
少しでも早く状況が良くなりますように。(22日現在やっと空港が開いて飛行機が入れるようになった模様)
ただ、アイスダンサー達に関しては日程が早いこともあってほとんどがすでに到着し
最初の公式練習を実施できたようです。

【日程】※現地時間(日本との時差-8h)

※アイスダンスFDの時間帯は全米アイスダンスのSDと重なっています

1月23日(水)
11:45-16:00 アイスダンスSD
18:00-     開会式
18:45-21:15 ペアSP

1月24日(木)
11:45-16:10 男子シングルSP
19:00-22:00 ペアFS

1月25日(金)
10:45-15:55 女子シングルSP
18:30-21:50 アイスダンスFD

1月26日(土)
12:45-16:50 男子シングルFS
18:00-21:55 女子シングルFS

1月27日(日)
15:00-17:00 エキシビション

【簡易放送予定】
Спорт(露)全て生中継、スウェーデン、スペイン、チェコ、イタリア、ラトビア、フィンランドなどで
放送予定があります(国内制限だったり途中からだったりオンラインありだったり色々)
ユーロスポーツ系、ロシア2はフリーは生放送予定。

【エントリー/滑走順】
http://www.isuresults.com/results/ec2013/SEG007.HTM

Warm-Up Group 1
1 Ramona ELSENER / Florian ROOST SUI
2 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES HUN
3 Sarah COWARD / Georgi KENCHADZE BUL
4 Lesia VOLODENKOVA / Vitali VAKUNOV BLR
Warm-Up Group 2
5 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK
6 Allison REED / Vasili ROGOV ISR
7 Kira GEIL / Tobias EISENBAUER AUT
8 Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN
Warm-Up Group 3
9 Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE GEO
10 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN CZE
11 Alexandra ZVORIGINA / Maciej BERNADOWSKI POL
12 Charlotte AIKEN / Josh WHIDBORNE GBR
Warm-Up Group 4
13 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR
14 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN UKR
15 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO GER
16 Sara HURTADO / Adria DIAZ ESP
Warm-Up Group 5
17 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR
18 Pernelle CARRON / Lloyd JONES FRA
19 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO RUS
20 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS
21 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS
Warm-Up Group 6
22 Irina SHTORK / Taavi RAND EST
23 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV AZE
24 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI GER
25 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA
26 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA

今季は予選廃止(ミニマムスコア導入)ということで、昨季までのSD20組から
26組の参加というなかなか華やかなことになっております。
4-4-4-4-5-5で26組なので、滑りやすいといいなぁ。

最大の優勝候補であったフランスのペシャラ/ブルザが、先週デトロイトでの練習中の
怪我(ブルザの)で欠場を発表しております。
ソチ五輪まで連覇で突っ走る、と宣言していただけに、彼らにとっては非常に悔しい欠場だと
思います。しかし本当に大切な試合はこの先の試合。
どうかしっかり、早くよくなりますように。

そんなわけで、優勝争いは表彰台を争うであろうと思われる3組、
イタリアのカッペリーニ/ラノッテ、ロシアのボブロワ/ソロヴィエフとイリニフ/カツァラポフが
中心になると思われます。
ソチで開催されたGPFでは、アンナちゃん達→カーチャ達→エレーナ達という順位でしたが、
なにしろユーロ勢はいつ誰がやらかしてもおかしくない(冗談ではない)こと、
どの組が勝っても初優勝というプレッシャーがあること(アンナちゃん達なんて表彰台に
乗ったこともない)など、あんまり予想がつかない状況です。

ジャッジのメンバーや滑走順、プログラム、今季の調子を総合的に見ると
アンナちゃん達が来るかな?という気もしますが(そろそろ国際タイトル取ってほしいし)
2年連続で銀メダル(昨季はSD1位だった)、プログラムも良くて
調子も良さげなカーチャ達もやっぱりものすごく可能性高いと思うし
エレーナ達のユーロにおける異常な勝負強さも見逃せない。
エレーナ達に関してはレベルの取れ方次第で順位が大きく変わってきそうなので
一番不確定。プログラムの評価も非常にわかれているるところなので(特にヘイユー)
なんとも言い難いところがあります。
実はアリソン達と並んで最年少カップルですが、頑張ってほしいなぁ。

また、ロシアのリャザノワ/トカチェンコ、ドイツのジガンシナ/ガジあたりも
上位になにかあれば表彰台に乗る力を十分に持っています。
アゼルヴァイジャンのズロビナ/シトニコフ、イタリアのギニャール/ファブリは特に
今季の成長が目覚ましく、こちらもおそらく上位に来るであろうと思われます。

準備が間に合っていれば、イギリスのクームス/バックランドも上位に来るだろうし
キャロン/ジョーンズはシュピルバンド先生のところでしっかり強化をしてきたようです。
(ただナタリー達の欠場で枠取りのプレッシャーも半端ないであろう…)
ウクライナのヒーキンケネディ/ドゥニも絶好調だし、スペインのサラちゃん達や
チェコのルチエちゃん達、エストニアのランド弟組など、素敵な組もたくさん。
個性の光るヨーロッパ選手権は、結局どの組も見逃せないのであります。
特にまだ世界選手権のミニマムスコアをクリアしていない組は、この試合で
頑張ってクリアしてほしいなぁと思います。

Information

さば

Author:さば
Good luck Elena and Nikita !!

Calendar

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

QR-code

QR