上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップ勢の新プロお披露目がありましたー
ポジェ君に惚れ直した

【最終結果】
http://www.usfigureskating.org/leaderboard/results/2013/68594/CAT004SEG008.html

1 14 Meryl Davis Charlie White, USA 1 73.67 1 110.02 183.69
2 11 Kaitlyn Weaver Andrew Poje, CAN 2 62.61 2 99.38 161.99
3 12 Nicole Orford Thomas Williams, CAN 3 54.64 3 82.96 137.60
4 7 Lynn Kriengkrairut Logan Giulietti-Schmitt, USA 6 53.03 4 81.45 134.48
5 13 Penny Coomes Nicholas Buckland, GBR 4 53.97 5 79.44 133.41
6 10 Juliya Zlobina Aleksei Sitnikov, AZE 5 53.75 6 78.59 132.34
7 5 Isabella Tobias Stagniunas Deividas, LTU 7 48.17 7 72.91 121.08
8 6 Anastasia Cannuscio Colin McManus, USA 8 48.07 8 71.27 119.34
9 9 Justyna Polutowska Peter Gerber, POL 9 46.15 9 68.33 114.48
10 8 Allison Reed Vasili Rogov, ISR 10 45.23 10 68.26 113.49
11 1 Angelina Telegina Otar Japaridze, GEO 11 42.15 11 67.55 109.70
12 3 Federica Bernardi Christopher Mior, ITA 12 41.15 12 64.98 106.13
13 2 Alissandra Aronow Collin Brubaker, USA 13 38.01 13 62.30 100.31
14 4 Pilar Maekawa Leonardo Maekawa, MEX 14 35.58 14 56.68 92.26

【ジャッジスコア】
FD

優勝はわりとぶっちぎりでアメリカのデービス/ホワイト
2位はカナダのウィーバー/ポジェ
3位もカナダのオーフォード/ウイリアムズが入りました。おめでとー!!!

メリルとチャーリーの新プログラム「シェヘラザード」は、もう見る前からぴったりに違いないと
思っておりましたがやっぱりぴったりでありました。
軽快な動きにスピードにすごいリフトで、とても初戦とは思えない出来でした。
点数もすでに110超えで10点満点もでております。
プログラムの内容については、まぁぴったりだろうなぁ・きっとこんな感じだろうなぁという
予想通りで、素敵ではあったんですが予想通りすぎたのがやや残念ではあります。
とりあえず今のところ「シェヘラザード」と言われればシェヘラだなぁ、という感じで
また滑りこんで表現などが深くなってきたらきっと物語が見えてくるんじゃないかと
期待しています。
エレメンツも、リフトはすごいものを入れてきていますがまだちょっと未完成。
終盤きつそうなのにチャーリーがものすごい勢いで走っていておお!と思ったんですが
あまりにも走っててバタバタ感がありました。
勢いがあったというよりは体力的な面で必死だったのかもしれません、と演技後思ったり。
本人たちも演技後思いっきり首をかしげたりしていたので、今の段階でも
あまりよくない出来(あくまで彼らの中で)だったのかもしれませぬ。
序盤部分、とくにステップの前の流れがとても素敵で、それに比べると中盤~後半の振り付けがちょっと
ダラっとなってるかなぁという感じがしたので、そこをもうすこし濃くして
彼らならではのスピード感を最後まで出せたらいいなぁ。

ケイトリンとポジェ君のタンゴは、予想以上に熱い、ほとばしってるタンゴでした。
男女のリレーションシップ的なものがバッシバシほとばしっててポジェ君に惚れ直してしまいました。
ケイトリンも本当に美しかった。
タンゴは完成が遅い、と言われますが、やはりタンゴとしてはまだまだきっとこれからなんだろうなぁと
いう感じです。それでも十分にかっこよかったけれども足さばきに強さが足りないというか。
SDのフィンステップもちょっと苦手かな?という感じなので大変かもしれませんが
すごく素敵なプログラムなので、どちらも頑張って完成させてほしいです。
エレメンツの一つ一つはほとんど以前から使っているお馴染みのものでした。
つなぎの振り付けが非常にタンゴらしく、オリジナリティもあって素敵。
初戦ですが99点台というハイスコアであります。

ニコルちゃん達は、最初のリフトでちょっとミスがでてあれあれあれーっと心配したんですが
そのミスを引きずらずに自分たちの演技をやりとげました。
まだシニア2年目なんですが頼もしいなぁ。
こつこつシーズン早くから試合に出ていて、しっかりと上達して結果も出している感じです。
この試合で彼らが3位に入ったことで、表彰台でチャーリーとウイリアムズ君が
隣に並ぶという待ちに待った(?)瞬間がおとずれました。やったー。
隣に並ぶと全然似てなかったyo!片方ヒゲだyo!

他のカップルのプログラムもまだまだ作成中ながらも楽しいものがたくさん見られました。
ペニーちゃんとニックのMJは、今回ムーンウォークでかっこよく演技開始…
と思いきやいきなりニックが転倒しちゃったりしたのでアレでしたが、
ツイズルでポウポウ言ってたりかなりMJらしい振付が入った楽しいプログラムでした。
しかし今季リフト減点多そうだなぁー
ズロビナ/シトニコフは今季からコーチをズーリン→ゴルシコフ先生チーム(+シュピル先生)に
変更しました。(アゼル連盟の意向でズーリンの下を離れた)
pinaでコンテンポラリー風でしたが、今まで使ってきたリフトを効果的に配置していて
急に環境が変わってしまったことを考えると良く作ったなぁという感じがします。
SDはコメディチック(ひげ)でFDとのギャップも素敵。
リンちゃんとローガン君は「スパルタクス」
こういう感じのプログラムを演じるのは見たことがなかったので楽しみにしておりました。
こちらも今季、長く師事したユーリ先生チームからシュピルバンド先生のところへ移動。
得意のリフトがさらに磨かれていて、音楽に合わせて効果的にハイライトが
作られていました。












スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 管理人のみ閲覧できます

    2013/09/19(Thu) 23:33- [ URL|Mail ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. Re: GPFのチケット取れました!

    2013/09/20(Fri) 10:51さば [ URL|Mail ]

    t******t 様

    本当にありがとうございますーー!
    しかしながら(TДT)

    icedance_fansというアドレスからメールをさせて頂きました。
    ご覧になれないときはまたお知らせくださいー

    JGPFは一気にわからなくなっちゃいました。
    ベントさん達は内容よりも点数がかなり下がってしまったのにびっくりでした。
    さすがに表彰台は堅いと思ってたんですが…。
    ジュニアはシニア以上に予想がつかないですねー。それがまた楽しいですが…。
    JGPF進出者も、最後までわからないかもしれないですねぇ。
    まだ出てきていない有力チームもあるので、どうなるか楽しみです。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

Information

さば

Author:さば
Good luck Elena and Nikita !!

Calendar

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

QR-code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。