FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017
02
15

藤森美恵子先生

ブログはすっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません。
久々の記事は、非常に悲しいお知らせになってしまいました。

訃報:藤森美恵子さん77歳=元フィギュア国際審判員 - 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170215/k00/00m/060/098000c

以下引用 

 藤森美恵子さん77歳(ふじもり・みえこ=元フィギュアスケート国際審判員、世界選手権ペア代表)14日、
脳梗塞(こうそく)のため死去。葬儀は18日午前11時半、神奈川県藤沢市鵠沼石上1の1の17のカトリック藤沢教会。
喪主は夫光三(みつぞう)さん。

 現役時代はペアの選手として全日本選手権で2度優勝、1962年世界選手権出場。
引退後は国際スケート連盟の国際審判員として活躍した。(共同)

-------------

ご自身もペアスケーターとして活躍し、その後ISUのジャッジとして長年にわたってスケート界の発展に貢献され、
Jスポーツの解説者としても馴染みの深かった藤森美恵子先生が亡くなりました。

2012年くらいからJスポーツで声をお聞きすることも少なくなり、最近はどうされているのかな?
お元気でいらっしゃるのかしらと気になっておりました。

ツイッターでも書きましたが、藤森先生の解説は常に競技への愛、選手達への愛に溢れていました。
上品で穏やかな語り口で、技術面の解説だけでなく「こういうところが素敵なの」というポイントを
たくさん教えていただきました。

技術的に未熟なところやルールに沿っていないところはズバっと指摘し
たまにびっくりするくらい辛口になることもありました。でも下位の選手達の演技でもやっぱり
素敵なところをたくさん見つけて教えてくださる先生の解説が大好きでした。

上位の素晴らしい演技では、まったく要素のコールをしないというある意味すごいこともなさっていました。
(先生のやり方をしっかり尊重されていた小林さんJスポーツさんもすごいぞ)

いろいろな文化や音楽の知識も深く、プログラムの由来やそれにまつわる背景
ダンス音楽に関することや、もちろん色々なパターンがどうやってできたかも教えていただきました。
試合後のジャッジテーブルのお話しの内容や、コーチや選手の裏話をお聞きするのも毎回楽しみでした。
複雑すぎるアイスダンス(特にロシア)のコーチ事情もたくさんお話ししてくださいました。
次のシーズンのテーマをぽろっと教えてくださったこともあったなぁ…。

もうあの楽しく、素晴らしい解説が聞けないと思うと本当に残念でなりません。
今の選手達やプログラムを見て、先生ならどういう感想をお持ちになるのか、お聞きしたかったです。
ガブリエラとギョームの大躍進と革新的なプログラム、テッサとスコットの嬉しすぎる復帰も
どんどん上手になっていく選手達にも、きっと喜んでいらしたことでしょう。

藤森先生が、美しい世界で安らかな眠りにつかれますよう、心よりお祈り申し上げます。
本当にありがとうございました。

オスカル様

スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

Information

さば

Author:さば
Good luck Elena and Nikita !!

Calendar

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search

QR-code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。